CD 輸入盤

Wall

Pink Floyd (ピンク・フロイド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88875170942
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

ディスク   1

  • 01. In the Flesh?
  • 02. The Thin Ice
  • 03. Another Brick in the Wall, Pt. 1
  • 04. The Happiest Days of Our Lives
  • 05. Another Brick in the Wall, Pt. 2
  • 06. Mother
  • 07. Goodbye Blue Sky
  • 08. Empty Spaces
  • 09. Young Lust
  • 10. One of My Turns
  • 11. Don't Leave Me Now
  • 12. Another Brick in the Wall, Pt. 3
  • 13. Goodbye Cruel World<

ディスク   2

  • 01. Hey You
  • 02. Is There Anybody Out There?
  • 03. Nobody Home
  • 04. Vera
  • 05. Bring the Boys Back Home
  • 06. Comfortably Numb
  • 07. The Show Must Go On
  • 08. In the Flesh
  • 09. Run Like Hell
  • 10. Waiting for the Worms
  • 11. Stop
  • 12. The Trial
  • 13. Outside the Wall

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
20
★
★
★
★
☆
 
9
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
5
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 狂気と炎を注文たときはまだクリアランス...

投稿日:2013/08/17 (土)

 狂気と炎を注文たときはまだクリアランスセールで50%引きだったのですが、届いてから見てみると70%引きの4344円に下がっていたのでポイントは付きませんでしたが思いきって買いました。これで3部作が全部そろい、当時ロジャーと同じ様に世間を感じていた頃の自分に浸ることができました。  内容的には、CD5,6のデモテープとDVD7によって制作過程が把握できたのが面白く、色々なアイディアがいかに上手にまとめられたがよく解りました。CD5,6だけでも長い曲があるので別バージョンの様に楽しめます。最近はバッハのカンタータばかり聞いたり歌ったりしているので、久しぶりに昔の気持ちを取り戻しリレフレッシュすることができました。

大正おこし さん | 富山県 | 不明

3
★
★
★
☆
☆
未発表音源目当てで購入しました。「The Wa...

投稿日:2012/10/05 (金)

未発表音源目当てで購入しました。「The Wall」は確かに小作が多くあまり良く思っていない方もいると思いますが、すべてが組曲と思ってもらった方が良いと思います。音質は向上していますが、期待していた未発表音源は、も一つでした。完成間近の音源ではなく、取りあえず、こんな感じの曲を作ってみたんだけど、皆さん(bandメンバー)どうぉ??みたいな音源でした。期待が「The Dark Side〜」や「Wish You〜」のBonus Trackをイメージしていたので、期待はずれでした。ちょっと残念!!

岡っ引きお化け さん | 静岡県 | 不明

2
★
★
☆
☆
☆
LIVE作品も映画版『Wall』のDVDも購入済な...

投稿日:2012/07/30 (月)

LIVE作品も映画版『Wall』のDVDも購入済なので、未発表デモ音源目当てにImmarsion Boxsetを購入したのですが…。 凡そ曲としての形をしていない音の断片を乱雑に編集したような印象です。 今時この手の音源なら、シークレットトラックみたいな形でオマケとして作品の最後に収録するアーティストは沢山いると思います。 世界の頂点に登りつめたピンフロの30年以上前のデモ音源ですから、確かに歴史的(資料的?)価値はあるかもしれませんが…。 すくなくとも総てのピンフロファン、いや『Wall』愛好家のニーズには合いませんね。

DIE★HARD さん | 千葉県 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Pink Floyd

ピンク・フロイドといえばキング・クリムゾン、イエス、ジェネシス 、EL&Pなどと並んでUKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築いたバンドであることはいうまでもないが、最近ならばレディオヘッドなどに代表されるどこか陰鬱な部分を持ったUKロックバンドを例える際に、必ずといっていいほど名前が用いられるのもまたピンク・フロイドである。

プロフィール詳細へ

Pink Floydに関連するトピックス

おすすめの商品