CD 輸入盤(国内盤仕様)

Fillmore West, San Francisco, 1970 (2CD)

Pink Floyd (ピンク・フロイド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IACD10240
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, ライブ盤,輸入盤

商品説明

プログレッシヴ・ロック・シーンは勿論、ブリティッシュ・ロック・シーンのトップ・バンドの頂点に座するピンク・フロイド。1967年にデビュー・アルバムをリリースして以来、オリジナリティ溢れるサウンド・アイデア&コンセプトをもって唯一無比なるアルバムを創造し続けたこのバンドは多くのロック・バンドに影響を与える。1973年にリリースした『狂気(原題:The Dark Side Of The Moon)』は全世界的なヒットとなり、全米アルバム・チャートに741週ランク・インし、5000万枚以上のセールスを記録する。

本国イギリスは勿論、ヨーロッパでの成功を収めたピンク・フロイドはアメリカでの成功を獲得すべく、1970年に本格的なツアーを展開する。1970年4月9日のニューヨークでの公演を皮切りに20公演の2度のアメリカ・ツアーでは4月30日にサンフランシスコのテレビ/ラジオ局KQEDでのスタジオ・ライヴをプロモーションの為に放送するがその前日のフィルモア・ウエストでのコンサートは地元のロック専門FMラジオ局KSAN−FMのスペシャル番組とライヴ・アルバムのプロダクトとしてライヴ・レコーディングされる。翌5月に放送されるがライヴ・アルバムとしてリリ−スされることなくマスター・テープはお蔵入りとなる。今回、放送用のマスター・テープの発見に伴い、遂にライヴ・アルバムとして現時点において最良のリマスターが施されリリースされる。 当日のセット・リストはアンコールを含めて全10曲で、このライヴ・アルバムはその全貌を完全に収録している。初期のアルバム4作品からの楽曲に加え、この時点では「The Amazing Pudding」と呼ばれていた名曲「原子心母」のプロト・タイプが披露されているだけにピンク・フロイドがサイケデリック・ロック・バンドからプログレッシヴ・ロック・バンドへと変貌を遂げる瞬間が体感できる素晴らしいアーカイヴが遂にCDとして登場!

■輸入盤国内仕様 (帯、英語ブックレットの対訳付き)


(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. グランチェスターの牧場
  • 02. 天の支配
  • 03. シンバライン
  • 04. 原子心母
  • 05. エンブリオ

ディスク   2

  • 01. グリーン・イズ・ザ・カラー
  • 02. ユージン、斧に気をつけろ
  • 03. 太陽讃歌
  • 04. 神秘
  • 05. 星空のドライブ

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Pink Floyd

ピンク・フロイドといえばキング・クリムゾン、イエス、ジェネシス 、EL&Pなどと並んでUKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築いたバンドであることはいうまでもないが、最近ならばレディオヘッドなどに代表されるどこか陰鬱な部分を持ったUKロックバンドを例える際に、必ずといっていいほど名前が用いられるのもまたピンク・フロイドである。

プロフィール詳細へ

Pink Floydに関連するトピックス

おすすめの商品