CD 輸入盤

1968 Germin / Ation

Pink Floyd (ピンク・フロイド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88985384342
組み枚数
:
3
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
DVD付き, 限定盤, Blu-ray Disc付き,輸入盤

商品説明

1968 GERMIN/ATION (germination=発芽)

シド・バレット脱退直後、ピンク・フロイドが引き続きシングルの曲作りをしながら、同時によりインストゥルメンタルを重視した独自のスタイルを発展させていった時期を探求している。アルバム未収録のシングルや、最近発見されたロサンゼルスのキャピトル・レコーズのスタジオでのセッション音源、BBCセッション他のトラックが収録されている。 DVD/ブルーレイには最近復刻された「青空のファンタジア(Point Me At The Sky)」のプロモ・クリップ、海外でのテレビ出演時の映像、さらには他のテレビ番組からの楽曲の音源のセレクションが収録されている。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Point Me at the Sky
  • 02. It Would Be So Nice
  • 03. Julia Dream
  • 04. Careful with That Axe, Eugene
  • 05. Song 1 (Capitol Studio Session, Los Angeles, 22 August 1968)
  • 06. Song 2 (Roger's Boogie) [Capitol Studio Session, 22 August 1968]
  • 07. Murderotic Woman (Careful with That Axe, Eugene)
  • 08. The Massed Gadgets of Hercules (A Saucerful of Secrets)
  • 09. Let There Be More Light
  • 10. Julia Dream
  • 11. Point Me at the Sky
  • 12. Embryo
  • 13. Interstellar Overdrive

ディスク   2

Blu-ray

  • 01. Astronomy Domine
  • 02. The Scarecrow
  • 03. Corporal Clegg
  • 04. Paintbox
  • 05. Set the Controls for the Heart of the Sun
  • 06. See Emily Play
  • 07. Bike
  • 08. Apples and Oranges
  • 09. Astronomy Domine
  • 10. Flaming
  • 11. Set the Controls for the Heart of the Sun
  • 12. Let There Be More Light
  • 13. Paintbox
  • 14. Instrumental Improvisation
  • 15. Set the Controls for the Heart of the Sun
  • 16. It Would Be So Nice (Extract)
  • 17. Interstellar Overdrive
  • 18. Roger Waters Interview
  • 19. Astronomy Domine
  • 20. Let There Be More Light
  • 21. Remember a Day
  • 22. Let There Be More Light
  • 23. Let There Be More Light
  • 24. Flaming
  • 25. Let There Be More Light
  • 26. Point Me at the Sky

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Pink Floyd

ピンク・フロイドといえばキング・クリムゾン、イエス、ジェネシス 、EL&Pなどと並んでUKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築いたバンドであることはいうまでもないが、最近ならばレディオヘッドなどに代表されるどこか陰鬱な部分を持ったUKロックバンドを例える際に、必ずといっていいほど名前が用いられるのもまたピンク・フロイドである。

プロフィール詳細へ

Pink Floydに関連するトピックス

おすすめの商品