CD

Living Thing

Peter Bjorn & John (ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HSE70052
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
2ボーナストラック
追加情報
:
日本盤のみボーナストラック2曲収録
日本盤のみのボーナスCD付予定
歌詞/対訳/ライナーノーツ付

商品説明

“口笛ソング”こと「Young Folks」がラジオ各局で大量OAされ、民放TVもピックアップ、CM曲になるなど一大ブームを生み出したポップ職人衆ピーター・ビヨーン・アンド・ジョンが更なる飛躍を遂げた!世界中でビッグセールスを記録した『ライターズ・ブロック』から約2年、ついに5作目となるスタジオアルバム『リヴィング・シング』をリリース!前作までの色を出しつつ、全く新たな一面を大胆に取り込んだ実にゆるくて爽快で怪しげでポップな仕上がり。カニエ・ウエスト大絶賛の先行シングル『Nothing To Worry About』収録。“口笛ソング”こと「Young Folks」はiTunesのトラック・オブ・ジ・イヤーに選ばれ、様々なアーティストがカヴァー・ヴァージョンを発表。ドーン・ランデス、ジェイムス・ブラント、ドイツの80年代のアイコンであるネーナ、クークス、そしてヒップホップの先導者の一人である――カニエ・ウェストまでもがカヴァーした。また様々なラジオ局でパワープレイされ、民放TVまでもがピックアップをし、CM曲になるなど1つのブームを作りだした。(インフォより)

内容詳細

“口笛ソング”と呼ばれ大ヒットした「Young Folks」を含む傑作『ライターズ・ブロック』に次ぐ5作目となるアルバム。温もりあるカラフルでポップなサウンドに魅了されること間違いなしの一枚。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   2

-Seaside Rock / Bonus CD-

  • 01. Inland Empire
  • 02. Saying Something(Mukiya)
  • 03. Favour Of The Season
  • 04. Next Stop Bjursele
  • 05. School Of Kraut
  • 06. Erik's Fishing Trip
  • 07. Needles And Pills
  • 08. Norrlands Riviera
  • 09. Barcelona
  • 10. At The Seaside

ビデオクリップ1

このアイテムはビデオクリップ1をご覧いただけます。
VIDEO CLIP 視聴方法は こちら

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ヒット作を生み出す事は殆どのアーチストの...

投稿日:2010/03/07 (日)

ヒット作を生み出す事は殆どのアーチストの夢に違いない。しかし現実にそれを手にしたクリエイターの誰しもが陥るであろうプレッシャー。その大きさは計り知れないものなのだろう…、この作品も前作から長い期間を経て発表されたものですが、彼等の場合の結果は北欧出身ゆえか (ヒットした「Young Folks」に慣れた耳からすると)「ダークサイド」とも思える面が全体にフィーチャーされた作品として生み出され、それを世に問うたように感じる。それは今後の彼等があくまで「今迄同様に自然体で音楽を紡ぎだして行く事」を三人で再確認し、更なる結束を固めたような意思表示とも感じられる。この日本盤はLPレコードでの発売だったインストの「Seaside Rock」がボーナスCDとして付いているスペシャル盤なのがとても有り難いのですが、本編のCDに二曲、ボーナストラックが収められています。でも、その二曲は本編とは異彩を放つリズム重視系トラックとなっており、はっきり言いますとアルバムの趣旨からは外れています。おまけの「Seaside Rock」目当てにご購入を。全14曲の日本盤本編収録時間は59分47秒です。(おまけの「Seaside Rockは40分48秒」)The Korgisってご存知ですか?ヴォーカルの声質のせいでしょうか、共通点を感じてしまいます。どこかgangwayとかも…

microwave2_xtk さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Peter Bjorn & John

スウェーデン出身のピーター・モーレン(g、vo)、ビヨーン・イットリング(b、vo)、そしてジョン・エリクソン(ds、vo)による3人組。独自のインディ・ポップ色を打ち出したキャッチーかつローファイなポスト・パンク・サウンドが特徴的で、2002年にファースト・アルバム『ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン』・・・

プロフィール詳細へ

Peter Bjorn & Johnに関連するトピックス

UK/インディ に関連する商品情報

おすすめの商品