CD 輸入盤

Let's Love

Peggy Lee (ペギーリー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WOU8108
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Peggy Lee had already been a successful recording artist for nearly 35 years by the time she recorded this 1974 album. This mix of jazz and pop stylings - with just a pinch of (dare we say) funk (it was 1974, after all) - was proof that she still had plenty of spark left in her. The album's wonderful title track was written, arranged and produced by Paul McCartney. While we are name dropping, Let's Love features musical assistance from Dave Grusin amongst others. This is a reissue of the Rhino/Handmade edition featuring the original album's eleven tracks plus five bonus tracks. Wounded Bird.

収録曲   

  • 01. Let's Love
  • 02. He Is the One
  • 03. Easy Evil
  • 04. Don't Let Me Be Lonely Tonight
  • 05. Always
  • 06. You Make Me Feel Brand New
  • 07. Sweet Lov'liness
  • 08. The Heart Is a Lonely Hunter
  • 09. Sweet Talk
  • 10. Sometimes
  • 11. Let's Love (Reprise)
  • 12. I Am His Lady
  • 13. I Wanna Be Seduced
  • 14. The Nickel Ride
  • 15. Let's Keep Dancing
  • 16. Let's Love (Alternate Version)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Let’s Loveという曲はPAUL McCARTNEYが作...

投稿日:2010/10/17 (日)

Let’s Loveという曲はPAUL McCARTNEYが作詞作曲した曲で、PAULが他人に提供した曲の中では最高傑作だとおもいます。また、PEGGY LEEの素晴らしい歌声が名曲の域まで高めてくれたのかもしれません。この曲はPEGGY LEEのベスト盤には収録されていませんので、忘れられた曲になりつつありましたが、今回CD化されたことにより一人でも多くの人にこの曲を知ってほしいと思います。

takokiti さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
70年代半ば、貧乏大学生が横浜ヤマギワの...

投稿日:2004/08/25 (水)

70年代半ば、貧乏大学生が横浜ヤマギワのオーディオフロアに広い間隔でセッティングされた フェログラフS-1 から聴いた中空に浮かび上がる唄声 それはスイートで艶めかしいものでした。レッツラブの絡みつくような唄い方はいつ聴いても魅惑的なものです。

rou さん | 秋田市 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Peggy Lee

 名曲“ジョニー・ギター”の作曲者であり、ミルドレッド・ベイリー以来最高の白人ヴォーカリストと謳われたペギー・リーは、ベニー・グッドマン・バンドで人気を博したあとやがて独立。様々なプロジェクトにおけるペギーの「完ぺき主義」を考えると彼女が単なる一歌手ではなく、作詞作曲、プロデュースも含めた総合的な音楽芸術家であったことが解る。キャピトル時代にはエンターテイメントとしても評価の高い多くのアリウバムを

プロフィール詳細へ

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品