CD 輸入盤

Black Coffee

Peggy Lee (ペギーリー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
710992
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

アナログ時代から何回も発売が繰り返されてきたペギー・リーの代表作。10インチ盤から様々なジャケットを経てCD化された本作だが、時代を超えたペギーの魅力はいささかも失われていない。デッカ・レーベルへの録音のの多くの音源の中でも選曲の素晴らしさと、ビッグバンドで鍛えられたペギーのニュアンス一杯の表現が詰まった名盤だ。
 日本の多くの歌手たちが手本としてその歌唱法を取り入れた「ハスキー系セクシー・ジャズ・ヴォーカル」の聖典。また、タイトル曲である“Black Coffee”は多くのヴォーカリストたちに歌われ現在も最も人気の高いヴォーカル曲のひとつだ。
Peggy Lee Vocal
Pete Candoli (1-4, 7-10) Trumpet
Jimmy Rowles (1-4, 7-10) Piano
Max Wayne (1-4, 7-10) Bass
Ed Shaughnessey (1-4, 7-10) Drums
Stella Castellucci (5-6, 11, 12) Harp
Lou Levy (5-6, 11, 12) Piano
Bill Pitman (5-6, 11, 12) Guitar
Buddy Clark (5-6, 11, 12) Bass
Larry Bunker (5-6, 11, 12) Percussion, Drums, Vibraphone
Recorded April 3, 1956 in Los Angeles
Decca Records a&r: Milt Gabler
Tracks 1-4 and 7-10 original 10" LP-issue: Black Coffee Decca DL 5482
Tracks 5,6,11, and 12 original 12" LP issue: Black Coffee Decca DL 8358

収録曲   

  • 01. Black Coffee
  • 02. I've Got You Under My Skin
  • 03. Easy Living
  • 04. My Heart Belongs to Daddy
  • 05. A Woman Alone With the Blues
  • 06. I Didn't Know What Time It Was
  • 07. When the World Was Young
  • 08. Love Me or Leave Me
  • 09. It Ain't Necessarily So
  • 10. Gee Baby (Ain't I Good to You)
  • 11. You're My Thrill
  • 12. There's a Small Hotel

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
1954年と56年の録音でペギー・リー円熟の最...

投稿日:2012/09/11 (火)

1954年と56年の録音でペギー・リー円熟の最高傑作とされる。54年の伴奏はピアノがジミー・ロウルズ、トランペットがピート・カンドリ、ベースがマックス・ウェイン、ドラムがエド・ショネシー、56年はヴァイブとハープが入るがクレジットは見当たらない。ペギー・リーは天性の歌声と美貌に加え、曲に表情をこめる巧さが特徴といえるので、ぜひとも歌詞を見ながら聴きたい。一時引退するも見事にカンバックし黄金時代を築き「ブラック・コーヒー」といったらまずこのアルバムというくらい超のつく有名盤だ。

青木高見 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
自宅で、コーヒタイムには絶対これ レコー...

投稿日:2010/03/26 (金)

自宅で、コーヒタイムには絶対これ レコードに、カートリッジを落とす、最高の気分。 急に英語が強くなった気がする。 甘いコーヒの香りが部屋中に漂う。 喫茶店でも、この曲を流してほしい

koto さん | 所在地 | 不明

1
★
★
★
★
★
昔、ジャズヴォーカルの名盤を3つあげると...

投稿日:2008/04/16 (水)

昔、ジャズヴォーカルの名盤を3つあげるとしたら、この「ブラック・コーヒー」とビリー・ホリデイのデッカ盤「LOVER MAN」そしてもう一枚はやはりペギー・リーの後期キャピトル時代の大傑作ライブ(実際には真のライブではなかったらしいが・・・)「BEAUTY & THE BEAT」だと言っていた音楽評論がいたが、それほど名盤中の名盤。もちろんペギー・リーの代表作だ。

ミスティー さん | 兵庫県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Peggy Lee

 名曲“ジョニー・ギター”の作曲者であり、ミルドレッド・ベイリー以来最高の白人ヴォーカリストと謳われたペギー・リーは、ベニー・グッドマン・バンドで人気を博したあとやがて独立。様々なプロジェクトにおけるペギーの「完ぺき主義」を考えると彼女が単なる一歌手ではなく、作詞作曲、プロデュースも含めた総合的な音楽芸術家であったことが解る。キャピトル時代にはエンターテイメントとしても評価の高い多くのアリウバムを

プロフィール詳細へ

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品