LPレコード 輸入盤

True Meanings (2枚組/180グラム重量盤レコード)

Paul Weller (ポール・ウェラー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029.563594
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

英国を代表するモッドファーザーが紡ぐ、雄大かつ繊細なサウンド/メロディに魅せられて…
UKロックの首領、ポール・ウェラーが、前作より約1年という短いタームで完成させた最新アルバム『TRUE MEANINGS』が登場! 彼の特徴的なサウンドの一つの要素でもあるメランコリックさを前面に打ち出し、御年60歳を迎えたモッドファーザーの繊細な一面を堪能させてくれる、雄大かつ繊細なサウンドに包まれた至高のアルバムが、2枚組180グラム重量盤アナログでも登場!

「この10年ほど、とてもいい状況で居続けられたんだ。人生そのものもそうだし、こうやって音楽を作り続けてるってこともそう。その全てに感謝しているよ。俺はいままでずっと歳を取るってことが不安だったんだ、クリエイティヴィティや構想力を失っていってしまうんじゃないかってね。でも、実際歳を取ってみて、そんな風にはならなかった。不安に思っていた状態とは全く反対の状態のままでいられているのさ」 ─ ポール・ウェラー

◆UKロック・シーンの重鎮であり数々のアーティストに多大なる影響を与え続ける真のモッドファーザー、ポール・ウェラー。約40年にも及ぶキャリアを持ちながらも、変わらず精力的な活動を続ける彼が、最高傑作との呼び声も高い前作『A KIND REVOLUTION』から約1年という非常に短いタームで、早くも最新作『TRUE MEANINGS』を完成させた! これはソロ名義としては14作目、全キャリアを通した作品としては26作目となるスタジオ・アルバムだ。

◆前作では最高級のロック・サウンドで全世界のファンを魅了した彼だが、御年60歳を迎えて発表するこの最新作では、雄大かつ繊細なサウンドが前面に打ち出されている。ポールの美しく響く歌声が持つ魅力と、誠実な言葉で綴られた歌詞が持つ「素の」自分をさらけ出すかっこよさ…、まるで夢のように、優しく響く牧歌的な世界観に満ちた、彼の魅力のもう一つの側面をじっくりと聴かせてくれる、そんなアルバムを完成させたのだ。

◆このアルバムのタイトルは、60歳の誕生日となる5月25日に公開した楽曲「Aspects」からとられたものだ。5年ほど前にすでに書き上げていたというメランコリックな「Gravity」という曲から、今作のアイデアが生まれているという。ポール曰く、「この曲はとても特別な曲だったけど、『SATURNS PATTERN』や『A KIND REVOLUTION』といったアルバムにはぴったりとハマるスペースがなかった。だから、しばらくこの曲を取っておくことにしたのさ」とのこと。アルバムには収録しなかったのだが、ライヴではこの曲を披露していた。その曲に対する反応が非常にポジティヴだったため、この楽曲の持つ方向性に沿った曲を書き始めていったのだという。

◆ポールが所有するBlack Barn Studioでレコーディングされた今作のプロデュースは、ポール本人が担当。例外として、「The Soul Searchers」はコナー・オブライエンとの共同プロデュース、「Movin On」はホワイト・レーベルとの共同プロデュースという形がとられ、エンジニアにはチャールズ・リースを、ミックスには盟友ジャン・スタン・カイバートを迎えて制作されている。

◆現在のポールの充実ぶりを支える彼のバンドのメンバーに加え、今作には数々のゲスト・アーティストも参加している。「The Soul Searchers」で印象的なハモンド・オルガンを、そして「White Horses」でピアノとメロトロンを披露しているのは、ゾンビーズのロッド・アージェントだ。他にも、フォーク・レジェンド、マーティン・カーシーとダニー・トンプソンが「Come Along」に、「Old Castle」ではリトル・バーリーがリード・ギターを披露、「Books」にはルーシー・ローズがバックアップ・ヴォーカルを担当している。さらに、ノエル・ギャラガーもちょっとだけ参加しているという。

◆キャリアを通しても非常に充実した時期を迎えているポール・ウェラー。今までもアルバムの中でメランコリックな楽曲を聴かせてくれている彼が、その側面を全面に打ち出したこの最新作は、ポール・ファンはもちろんのこと、全音楽ファンを魅了する美しさを備えたアルバムだ。60歳を超えてなお自身のクリエイティヴィティを研ぎ澄ませるポール・ウェラー、まさに全ての人にとって「手本」となる存在だ。
「もう60歳となって、この辺りでちょっと思慮深い方向性を打ち出してみたのさ。もちろん、このスタイルをこれからずっとやってくわけじゃないけどね」 ─ ポール・ウェラー
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

SIDE A

  • 01. The Soul Searchers
  • 02. Glide
  • 03. Mayfly
  • 04. Gravity

SIDE B

  • 05. Old Castles
  • 06. What Would He Say?
  • 07. Aspects

ディスク   2

SIDE C

  • 01. Bowie
  • 02. Wishing Well
  • 03. Come Along
  • 04. Books

SIDE D

  • 05. Movin On
  • 06. May Love Travel With You
  • 07. White Horses

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
2018年9月14日発売。発売された当日から聴...

投稿日:2018/10/05 (金)

2018年9月14日発売。発売された当日から聴きはじめて、ほとんど毎日聴き続けている。 たくさんの音楽的滋養をひそかに忍ばせながら、ポール・ウェラーならではのスタイルで貫かれている、この作品集。 その響きは、深みを湛え、静謐であり、かつ軽やかだ。 また、60歳になった彼の歌唱そのもののコクの深さが、素朴なメロディーと抑制された歌詞の向こうに見えてくる情景をこころ憎いほどひそかに引き立てる。 その味わい深さは、ここに来て、最高のものだと思う。 「全曲、佳曲だ」という聴き始めたときの印象が、日を経るほどに、「全曲、名曲だ」に変わってきた。 アナログ盤ならではの音像のふくよかさ。 そして美しいポートレートをあしらったジャケットはアナログ盤だといっそう映える。 ポール自身、「この十年ほどは、生きることも、音楽を創る仕事も、本当に充実している」と語っているが、それにしてもパーロフォンに移籍してからこの四年で創られた『Saturns Pattern』『A Kind Revolution』、そしてこの『True Meanings』の素晴らしい充実ぶりは、どうだろう。

諏訪耕志 さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Paul Weller

その声とギターはジャム〜スタカン〜ソロと一貫して同種のトーンを貫いている。ポール・ウェラーの声とギターは、独特の貫かれた美学を持つ彼自身の変わらない姿勢と重なるようにも思えてくるのだ。

プロフィール詳細へ

Paul Wellerに関連する商品情報

UK/インディ に関連する商品情報

おすすめの商品