SHM-CD

Ram

Paul McCartney (ポール・マッカートニー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCO3039
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
通常盤

商品説明

ポール・マッカートニーの<アーカイヴ・コレクション>シリーズ最新版!
『バンド・オン・ザ・ラン』『ポール・マッカートニー』『マッカートニーII』に続く第4弾は、ファン待望の名盤『ラム』が登場!

●ビートルズ・デビュー50周年、自身の生誕70周年迎えた今年、一段と精力的な活動を展開しているポール・マッカートニー。
新作『キス・オン・ザ・ボトム』が好セールスを続けるなか、再発シリーズ<アーカイヴ・コレクション>シリーズの第4弾として『ラム』が登場!

●『ラム』は、1971年5月発表のソロ2作目(クレジット上は、ポール・マッカートニー&リンダ・マッカートニーの共作アルバム)。「アンクル・アルバート/ハルセイ提督」は米国でシングル・カットされ1位になり、グラミー賞では最優秀編曲部門を獲得。発表当時の評判はあまり芳しくなかったが、時を経るにつれ評価が上がり、現在はポールのソロ作の中ではNo.1に挙げるファンも多い名盤。

※こちらは通常盤になります。
※日本盤SHM-CD仕様 / 輸入デジパック仕様

内容詳細

ビートルズ・デビュー50周年、生誕70周年となる2012年に放つ“アーカイヴ・コレクション”のシリーズ第4弾。1971年5月発表のソロ2作目で、シングル1位を獲得した「アンクル・アルバート〜ハルセイ提督」を含む名盤だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. トゥ・メニー・ピープル
  • 02. 3本足
  • 03. ラム・オン
  • 04. ディア・ボーイ
  • 05. アンクル・アルバート~ハルセイ提督
  • 06. スマイル・アウェイ
  • 07. 故郷のこころ
  • 08. モンクベリー・ムーン・デライト
  • 09. 出ておいでよ、お嬢さん
  • 10. ロング・ヘアード・レディ
  • 11. ラム・オン
  • 12. バック・シート

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
41
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
70年代前半のポールは、ビートルズからの呪...

投稿日:2014/01/26 (日)

70年代前半のポールは、ビートルズからの呪縛が解け、のびのびとアルバムを制作しているようです。価格と懐かしさに思わず購入しました。ファースト・シングルは確か「出ておいでよ!お嬢さん」(EAT AT HOME)の邦題でした。アメリカでは、アンクルアルバートがヒットしたと記憶しています。ファースト・アルバムの「ママ・ミス・アメリカ、「ジャンク」、とともに名曲だと思います。

k.k さん | 大阪府 | 不明

3
★
★
★
★
★
だいはやさんと同感です。これは、正しくポ...

投稿日:2013/12/29 (日)

だいはやさんと同感です。これは、正しくポールの名盤です。

ノンスケ さん | 滋賀県 | 不明

3
★
★
★
★
★
評価の低い二枚目のソロアルバムですが、ど...

投稿日:2013/11/02 (土)

評価の低い二枚目のソロアルバムですが、どこが不評なのか理解不能です。 当時はどうしても、ポールにはビートルズ、特にアビーロードのクオリティーが求められていたせいですかね?粒揃いの名曲ばかりで捨て曲なし。愛聴盤です。

だいはや さん | 神奈川県 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Paul McCartney

ポール・マッカートニーを形容する言葉としてぴったりくるものは何だろう?元ビートルズ。親しみ易く普遍的なスタンダード・ナンバーを幾つも作った稀代のメロディ・メイカー。あるいは無類のロックンロール好き。英国出身のミュージシャン中でも最高峰のセレブリティ(サーの称号すら持つ)…いやいずれも当たりではあるのだが、どこか物足りない気がする…

プロフィール詳細へ

Paul McCartneyに関連するトピックス

おすすめの商品