SHM-CD

Paul Is Live <SHM-CD/紙ジャケット>

Paul McCartney (ポール・マッカートニー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY78981
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
限定盤, 紙ジャケ

商品説明

1993年2月〜12月にかけて世界を駆け抜けた<ニュー・ワールド・ツアー>での音源をコンパイルしたライヴ・アルバム。ソロはもちろんウイングス時代の代表曲も散りばめられたほか、オープニングの「ドライヴ・マイ・カー」など全24曲中11曲のビートルズ・ナンバーを収録。そのザ・ビートルズが『アビイ・ロード』をリリースした際に流れた“ポール死亡説”をパロディにしたタイトルとアートワークも大きな話題を呼んだ。(1993年発表)

★初の紙ジャケット化
★2019年最新リマスター
★英国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様
★オリジナル特典ポスターをミニチュア再現
★インナースリーヴ(×2)付
★英文ライナー翻訳付/歌詞・対訳付
★SHM-CD仕様/完全生産限定盤


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

1993年2月〜12月にかけての『ニュー・ワールド・ツアー』での音源をコンパイルしたライヴ盤。ソロはもちろん、ウイングス時代の代表曲、「ドライヴ・マイ・カー」など11曲のビートルズ・ナンバーも楽しめる。1993年発表。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. ドライヴ・マイ・カー /カンサス・シティ 93.5.31
  • 02. レット・ミー・ロール・イット /ボルダー 93.5.26
  • 03. ルッキング・フォー・チェンジズ /カンサス・シティ 93.5.31
  • 04. ピース・イン・ザ・ネイバーフッド /ボルダー 93.5.26
  • 05. オール・マイ・ラヴィング /ニューヨーク 93.6.11
  • 06. ロビーのギター・ソロ /シャーロット 93.6.15
  • 07. グッド・ロッキン・トゥナイト /シャーロット 93.6.15
  • 08. 恋を抱きしめよう /ニューヨーク 93.6.11
  • 09. 明日への誓い /ニューヨーク 93.6.11
  • 10. ミッシェル /ボルダー 93.5.26
  • 11. バイカー・ライク・アン・アイコン /ボルダー 93.5.26
  • 12. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア /パラマタ、シドニー 93.3.22
  • 13. マイ・ラヴ /サン・アントニオ 93.5.29
  • 14. マジカル・ミステリー・ツアー /パラマタ、シドニー 93.3.23
  • 15. カモン・ピープル /カンサス・シティ 93.5.31
  • 16. レディ・マドンナ /アトランタ 93.5.1
  • 17. ペイパーバック・ライター /シャーロット 93.6.15
  • 18. ペニー・レイン /ボルダー 93.5.26
  • 19. 007/死ぬのは奴らだ /ボルダー 93.5.26
  • 20. カンサス・シティ /カンサス・シティ 93.5.31
  • 21. サウンドチェックへようこそ
  • 22. ホテル・イン・ベニドーム /ボルダー(サウンドチェック) 93.5.31
  • 23. 彼氏になりたい /パラマタ、シドニー(サウンドチェック) 93.3.23
  • 24. ア・ファイン・デイ /ニューヨーク(サウンドチェック) 93.6.11

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
やはりベースラインに耳が行く。地味な楽器に光...

投稿日:2006/03/28 (火)

やはりベースラインに耳が行く。地味な楽器に光をあてたポール。本質はロックンロールです。昔のポールはリーゼントで決まってたぜ。

ランブル さん | 福島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
2度目の来日公演の直前にリリースされたパ...

投稿日:2005/09/20 (火)

2度目の来日公演の直前にリリースされたパワフルなライブアルバム。ビートルズ時代の曲はロック色の強い物を入れて「Hey Jude」「Yesterday」などは外してある。1枚にまとめられて聴きやすい。M20の「Kansas City」は本当にカンザスシティでの収録。観客は大喜び。「Abbey Road」を思い出させるジャケもグー。必聴盤。

タカシ さん | 東京 | 不明

0
★
★
★
★
★
すさまじい演奏力を誇るツアーバンドを従え...

投稿日:2003/03/18 (火)

すさまじい演奏力を誇るツアーバンドを従えての2度目のワールドツアーからのライブ盤。音質もよく聴き応え満載。Pでのうねるようなベースラインはポールの才能の凄さが光る。続くQでは詞の世界が脳裏に想像できてしまうほど。ファンならずとも聴いて損はない1枚。

ネヴァーマインド さん | jp | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Paul McCartney

ポール・マッカートニーを形容する言葉としてぴったりくるものは何だろう?元ビートルズ。親しみ易く普遍的なスタンダード・ナンバーを幾つも作った稀代のメロディ・メイカー。あるいは無類のロックンロール好き。英国出身のミュージシャン中でも最高峰のセレブリティ(サーの称号すら持つ)…いやいずれも当たりではあるのだが、どこか物足りない気がする…

プロフィール詳細へ

Paul McCartneyに関連するトピックス

おすすめの商品