CD 輸入盤(国内盤仕様)

These Days

Paul Carrack (ポールキャラック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PPR7151
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

黄金の声を持つ男、待望の17枚目アルバム

ブリティッシュ・ロックシーンにおいて、70年代より息の長い活動を続けているブルー・アイド・ソウルの雄、ポール・キャラックが17枚目のアルバムを発表されました。
1951年ヨークシャー生まれのポール・キャラックは、プログレッシヴ・ジャズロック・バンド、ウォーム・ダストで70年にデビュー。75年にはエースを結成、彼が作曲しリード・ヴォーカルをとった「How Long」は全米3位の大ヒットを記録しました。70年代後半からフランキー・ミラー、ロキシー・ミュージックのサブ・メンバーとして、マイク&ザ・メカニックスやスクイーズといった有名バンドの中心メンバーとして活動、また様々なアーティストのセッションにも参加してきました。90年代中盤から本格的にソロ・アーティストとしての活動にシフト、以降1、2年に1枚ペースでソロ・アルバムを発表しています。

今回発売されるアルバム『ジーズ・デイズ』で、まず目と耳を奪われるのはその豪華な参加アーティストの面々ではないでしょうか。ベース・プレイヤーに長年のバンド仲間であるジェレミー・ミーク、リード・ギターにプリテンダーズやポール・マッカートニーのサポート・メンバーとしても知られるロビー・マッキントッシュ、ドラマーにスティーリー・ダン、ジェームズ・テイラー等ビッグ・ネームたちの中を渡り歩いてきたスティーヴ・ガッドという手堅いラインナップ。それに加え、ホーン・セクションを担当するのは70年代ソウル・ファンの方にはお馴染みピー・ウィー・エリス、そしてアルバム中5曲の作詞を担当したのがスクイーズ時代のバンド仲間クリス・ディフォードといった粒ぞろいの顔ぶれで、まさに期待を裏切らないブリティッシュ・ソウル・ポップの王道を聴かせてくれます。そういった期待通りのチューンが並ぶ中にあってやや異色を感じさせる部分としては、近年ポールはエリック・クラプトンのバンド・メンバーとしても活躍しているが故なのか、90年代以降のクラプトンの影響をかなり色濃く感じさせるナンバーが数曲収録されている点です。これらを聴いてニヤリとされる方も多いかと思います。今回はそこも聴きどころの1つとなるのではないでしょうか。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

エースやスクイーズで活躍したキャリア50年のベテラン・ブルー・アイド・ソウル・アーティストのソロ17枚目。プリテンダーズのロビー・マッキントッシュ(g)、スティーヴ・ガッド(ds)ら豪華メンバーとの演奏はまさに大人のロック。近年活動を共にするクラプトンのようなレイドバックも聴きもの。(保)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Amazing
  • 02. Life In A Bubble
  • 03. In The Cold Light Of Day
  • 04. Dig Deep
  • 05. These Days
  • 06. You Make Me Feel Good
  • 07. Tell Somebody Who Cares
  • 08. Where Does The Time Go?
  • 09. Talk To Me
  • 10. Perfect Storm
  • 11. The Best I Could

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Paul Carrackに関連するトピックス

おすすめの商品