CD 輸入盤(国内盤仕様)

Rain Or Shine

Paul Carrack (ポールキャラック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PPR5345
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

イギリスのミュージックシーンに70年代より登場し、優れたヴォーカリスト、もしくはバイ=プレイヤーとして今日まで大活躍を続けてきたシンガー・ソングライター/鍵盤奏者/ギタリストのポール・キャラック、現代はなんとエリック・クラプトンのバックバンドの正規メンバーとしてツアーに参加していて、しかも2014年2月の来日公演にも同行することが決まっております。そんな彼のソロとしての最新作が本作、もちろん日本デビュー盤となります。

1951年イングランドのヨークシャーで生まれたポール・キャラックは、プログレッジブ・ジャズロック・バンド、ウォームダストのキーボード奏者として70年にデビュー。その後75年にパブロック・バンドのエースにさんかし作曲家/ヴォーカリストとしてヒット曲「How Long」で大きくブレイクを果たしました。77年にはフランキー・ミラーのバックを、さらに79年にはロキシー・ミュージックのサブ・メンバーとして活躍をみせています。そして80年代に入ると、マイク&ザ・メカニックスやスクイーズといった有名バンドの中心メンバーとして活躍しながらザ・スミスやプリテンダーズ、リンゴ・スター、エルトン・ジョンとのセッションもこなす一方、ソロ・アーティストとしても活動を開始するなど、まさにイギリスの音楽シーンの中でも指折りの仕事人として大車輪の活躍を続けてきました。もちろん、その実力を買われて今回クラプトン・バンドへの参加となったことは結うまでもありません。
そんなポール・キャラックのソロ最新作は、彼のヴォーカリストとしての魅力に迫った大人の作品に仕上がりました。フィリーソウルを髣髴させる彼のオリジナル・ナンバーのほか、レイチャールズの「Hard Times」、ルーサー・イングラムの「If Loving You Is Wrong」といったR&Bの名曲カヴァーなどを、味わい深くもソウルフルなヴォーカルスタイルで楽しませてくれます。
イギリスの放送局BBCからは「黄金の声を持つ男」と称されるほど高い歌唱力を持つポール・キャラック。大人のロック/ソウル・ファンにしっかりフィットしそうな隠れた逸材といえそうです。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

エリック・クラプトンのバック・メンバーとして帯同来日も果たした英国のベテラン・シンガー・ソングライター。ロキシー・ミュージックやマイク&ザ・メカニクスなどでの活動からはあまり伝わってこないブルー・アイド・ソウル的なルーツが、爽やかなのに深みあるヴォーカルから無理なく伝わってくる。(詩)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Stepping Stone
  • 02. That's all that matters to me
  • 03. One in a million
  • 04. You don't know me
  • 05. If loving you is wrong
  • 06. Time waits for no one
  • 07. Hard Times
  • 08. I'm losing you
  • 09. Life's too short
  • 10. Come rain or shine

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Paul Carrackに関連するトピックス

おすすめの商品