Paul Butterfield Blues Band

Paul Butterfield Blues Band (ポール・バターフィールド・ブルース・バンド) プロフィール

Paul Butterfield Blues Band | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ポール・バターフィールド(Paul Vaughn Butterfield, 1942年12月17日 ? 1987年5月4日)はアメリカ合衆国のブルース歌手・ハーモニカ奏者。

はじめはクラシック音楽のフルートを学んだが、ブルース・ハープに惹かれた。シカゴでマディ・ウォーターズなどに会うことができ、激励され、ジャムに参加した。すぐにブルース信者ニック・グラヴェニツやエルヴィン・ビショップと共に演奏をはじめた。

1963年、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド結成。フィルモア、モントレー・ポップ・フェスティバル、ウッドストックなどで演奏し1971年解散。

ポール・バターフィールド・ベター・デイズやザ・バンドのメンバー、師匠マディ・ウォーターズなどと活動した。録音やライブは続けていたが、健康状態が悪くなり1987年に44歳で死去した。

ブルースの殿堂入りしている。

来歴

シカゴ生まれ。法律家と画家の子供。シカゴ大学附属学校に入学。シカゴ交響楽団員にフルートを習った。

運動選手でもあり、陸上の推薦でブラウン大学から誘われていたものの、ひざのケガとブルースへの愛着から陸上の道へは進まなかった。ハープにハマり、ブルース仲間ニックとつるんだ。

1950年代末にブルース・クラブで演奏を始め、マディ・ウォーターズ, ハウリン・ウルフ, リトル・ウォルター, オーティス・ラッシュなどに会い、認められ、ジャムした。「ニックとポール」として大学周辺のコーヒー・ハウスで演奏する。

1960年代初期にシカゴ大学に入学、ギタリスト・エルヴィン・ビショップと出会う。 二人は学問そっちのけで音楽づけになり、フルタイムのミュージシャンになる。シカゴのノースサイドにあるフォーク・クラブ「ビッグ・ジョンの店」で演奏する。

ハウリン・ウルフのツアー・バンドにいたメンバーが1963年に参加。クラブで成功し、プロデューサーのポール・ロスチャイルド(ドアーズなどを製作)が目を付けた。

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%