SHM-CD

Pat Metheny Group: 想い出のサン ロレンツォ

Pat Metheny (パット・メセニー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCE9241
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
期間限定盤

商品説明

[ ECM for Tomorrow ]
設立45周年記念!国内初リリースを含むSHM-CD再発!1969年に設立され、今年45周年を迎えるECMレーベルの名盤50タイトルをリイシュー。


盟友ライル・メイズとの出合いを記録したパット・メセニー・グループのデビュー作。独自のサウンドはすでにこの時から個性的。 パットはソロ活動とグループ活動を並行させ、それぞれ個性的な音楽を創造してきたが、本作はグループとして最初の作品。パットとライル・メイズの運命的な出合いを捉えた記念碑的作品。

パット・メセニー(g)
ライル・メイズ(key)
マーク・イーガン(b)
ダン・ゴットリーブ(ds)
1978年1月 ノルウェーのオスロにて録音

内容詳細

パット作品に欠かせない盟友、ライル・メイズとの初共演となった記念すべき1978年録音作。グループとしての最初のアルバムで、彼の個性的かつ独創的なサウンドを存分に堪能できる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 想い出のサン・ロレンツォ
  • 02. フェイズ・ダンス
  • 03. ジャコ
  • 04. エイプリルウィンド
  • 05. エイプリル・ジョイ
  • 06. ローン・ジャック

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このアルバムが発売されてから25年経ちまし...

投稿日:2013/09/10 (火)

このアルバムが発売されてから25年経ちました。発売当時、リアルタイムで聴いたのは大学生の時、ぶちのめされました。こんなに美しいギター、作品は初めてでした。ジャズに傾倒していた時でしたがパットはそんなジャンルなんか関係なし、純粋に一アーチストとして聴き続けています。それから、パットは形を変え、メンツを変え、自分のやってみたいいろいろな音楽を提供してくれていますが、自分にとっては初めてであったこのアルバムが今でも一番輝いています。

ゆずぽん さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
たくさんのPMGのCDが発売されて、それぞれ...

投稿日:2009/12/27 (日)

たくさんのPMGのCDが発売されて、それぞれのCDには、JAMESやARE YOU GOING WITH ME?やIF I COULDやTELL IT ALLやその他に名曲も数多くあるけれど、アルバム1枚全体で考えた時、このCDは一つのムードで統一されている。その統一感は、RTFのROMANTIC WARRIORの様。このCDを聞いて何も感じない人は、PMGを聞かなくてもいい、と思えるほどに誰にでも推薦できる。どの曲も良い。PMGでどれか1枚となれば、迷わずこれを選ぶ。

hourglass part2 さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
★
★
★
NHKFMクロスオーバーイレブンで「想い出の...

投稿日:2009/03/06 (金)

NHKFMクロスオーバーイレブンで「想い出のサンロレンツオ」を聞いたときの衝撃は今でも忘れません。8分もある曲をノーカット放送でした。この番組では、アジムスのテーマ曲と並んで、今でもマイフェイヴァリットです。アルバム表面は、真っ白でいかにもECMサウンドを象徴しているような印象です。フュージョンの名盤ですね。私にとっては、Gベンソン「ブリージン」 GワシントンJr「ワインライト」Eクルー「ハートストリングス」と並んで、今でも愛聴盤です。

k.k さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Pat Metheny

 自己の研鑚を深めたパットは父の意見に従ってバークリー音楽院を断念、マイアミ大学に経済先行で入学、しかし、ここにはパットの運命を決めたジャコ・パストリアスがいた。ジャコをはじめ時代を動かす人材に早い時期に出会い、パットの才能は一気に開花した。ジャンルを超えた音楽性と若い時代に聴いた音楽を次第に自己のものとしながらパットはギターの可能性を極限まで広げ、ジャズの現代性を常に内包する音楽で聴く者に夢を与

プロフィール詳細へ

Pat Methenyに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド