LPレコード 輸入盤

As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls

Pat Metheny / Lyle Mays (パット・メセニー/ライル・メイズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ECM1190
組み枚数
:
1
レーベル
:
Ecm
:
Germany
フォーマット
:
LPレコード

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ECMの透明感あふれる音色、モノトーン調の...

投稿日:2018/11/26 (月)

ECMの透明感あふれる音色、モノトーン調のジャケットが懐かしい。1曲目が20分を越える大作。思い出のサンロレンツォも10分を越える作品でした。さすがに、発売当時は大学生で、サンロレンツォの10分でも驚いたものだが、20分越えの作品にはびっくりした。忍耐を伴って聴いたものだが、今ではそれも懐かしい思い出です。

k.k さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
メセニーとメイズのECMでの80年作品ですがもう既...

投稿日:2015/07/12 (日)

メセニーとメイズのECMでの80年作品ですがもう既にこの頃からメセニーグループの壮大なサウンドは始まっています。名盤だと思います。

井熊 さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
もう随分長い時間が過ぎていますが、誰かが...

投稿日:2009/11/18 (水)

もう随分長い時間が過ぎていますが、誰かが見てくれたら嬉しいです。私は今48歳、そう26年前パットメセニーグループのカバーバンドを大学生の時やってました。当時このアルバムは『雲の上の存在』でしたが、ライブでIt’s for You とEstupenda Graca を演奏したことがあります(笑) 1曲目のAs Falls Wichita, So Falls Wichita Falls は本当に敷居が高かった。PMGはオーバーハイムというシンセサイザーを駆使してこの壮大なサウンドを作り上げていたのですが、私はこれをKORG POLY-6でかなり近いサウンドを完成させていましたが、人前でいまだに演奏する機会がありません。死ぬ前には一度やってみたいと、今でも思っています。 この曲は、実は戦争反対という大きなメッセージが流れているのを、皆さんはお気づきでしょうか?(勝手にそう思い込んでいます。間違っていたならお許し下さい)大きなスピーカーで聞くと分かるのですが、超低音波がバンバン出てきます。それからシンクラビアというシンセで作ったと思われる、ヒュ〜ンっていう音が出てきますが、これは爆弾投下の音でしょう。ヘリコプターらしき効果音もバンバン出てきます。パーカッションのナナがボイスを入れていますが、戦火の下、逃げ回る人間の叫びに聞こえます。最後には子供たちの声、パイプオルガンに包まれて、シーケンサーを使った『宇宙的』なサウンドで締めくくられています。アナログ版のA面がこの1曲でした。 音楽雑誌のインタビューで、パット自身が語っていた中に、曲の後半に数字を数える部分があるのですが、その数字はパット自身、何も考えず思いつきで出た数字だったそうです。最後の『3(スリー)』という言葉は、私には『FREE(フリー)』→WAR FREE(戦争の無い世界)に聞こえてしまいます。 きっと、人々が争いあう、犠牲になる人が沢山いる、時代は変わり次の世代を担う子供たち、明日が平和な世の中になりますように、というメッセージだと思っています。

TERRY さん | 広島県 | 不明

2

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品