CD 輸入盤

パッヘルベルのカノンほか パイヤール

Pachelbel / Fasch

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
98475
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

パッヘルベルのカノンの決定盤!

1968年ステレオ録音。「パッヘルベルのカノン」には実に多くのCDが出ていますが、その中で最も演奏が美しいと言われるのがこのパイヤール盤。人気の演奏だけに、アルバムから「パッヘルベルのカノン」だけを切り離し、数多くのコンピレーション盤にも転用されていましたが、やはりオリジナル・アルバムの選曲には、演奏者の思いの伝わる魅力が感じられます。
 1曲目のカノンが終わったあと、パッヘルベルの別の曲が聴ける喜び。パッヘルベルはカノンだけでなく、ほかにも魅力的な作品を書いていたことがよくわかります。
 フランスの指揮者、パイヤールの優雅にして流麗、色彩豊かな演奏が作品の親密な佇まいと気品の高さ、メロディーの美しさを存分に楽しませてくれます。
 組み合わせのファッシュ作品も、名手モーリス・アンドレの華やかなトランペットと相まって美しい仕上がりとなっています。

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Johann Pachelbel (1653 - 1706)
    Canon and Gigue for 3 Violins and Basso Continuo in D major: Canon
    演奏者 :

    指揮者 :
    Paillard, Jean-Francois
    楽団  :
    Paillard Chamber Orchestra
    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Canon
    • 作曲/編集場所 : , Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 7:8
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Johann Pachelbel (1653 - 1706)
    Musicalische Ergotzung: Partita no 6 in B flat major
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Partita / Suite / Trio Sonata
    • 作曲/編集場所 : by 1695, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 11:12
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
若いころにカセットテープでよく聴いた演奏...

投稿日:2018/08/11 (土)

若いころにカセットテープでよく聴いた演奏です。はじめて古楽器演奏で聴いたときと同じくらいの新鮮な驚きを感じました。こういう演奏を聴いていたんだなと。ストコフスキー編曲の砂糖菓子のように甘い夢の中の出来事のようなバッハを聴くのと同じ感覚でした。批判や悪口ではありません。パイヤールの名前や演奏は徐々に聞かれなくなりましたが、比較して「勝ち」と判定した方しか聴かないという姿勢はもったいないと思います。「間違い」とか「あってはならない」とか「聴いてはいけない」というようなコメントが書かれていないので安心しました。

桐嶋屋勝造 さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
こんな単純な曲を素敵に演奏するのがパイヤ...

投稿日:2014/05/01 (木)

こんな単純な曲を素敵に演奏するのがパイヤールでした。当録音がすばらしく、デジタルでの再録音の方はイマイチでした。古楽器演奏に否定的見解を示したからか、活動が減ったなかでひっそりと亡くなったパイヤールですが、パイヤールを始めとするエラート・レーベルで、バロック音楽の楽しさを教えてもらいました。今はこう言う演奏を時代錯誤の演奏として葬ろうという傾向にあるようです。ムード・ミュージックと言われようが、こう言う演奏があればこそ、バロック音楽、しいてはクラシック音楽の愛好家を増やすのではないかと思います。最近の頭でっかちな古楽演奏、古楽器の音色では多くの方の支持は集められないのではと、私は危惧しております。もう一度パイヤール初め初期エラートのカタログを聞き直してみてはいかがでしょうか。そのには楽しさにあふれた「音楽」があります。

ききだおれ さん | 神奈川県 | 不明

7
★
★
★
★
★
 同じパイヤールのカノンをアルビノーニの...

投稿日:2012/10/14 (日)

 同じパイヤールのカノンをアルビノーニのアダージョとカップリングされたCDで聴きましたが、いつものカノンと違いました。  流れるようなメロディと涙ぐみそうな感じはこちらの演奏です。30年前はこのカノンを46分カセットにA面B面3回ずつ録音して聞きまくっていました。  この当時、このLPは廃盤となっており、田舎のレコード屋を探したのも懐かしい思い出です。それから15年後、今から15年前、このCD(ジャケットは違います)と再会した時の感動は、今でも強く残っています。  すでに自宅用、単身赴任用、車用と前のジャケットのCDで持っていますが、マルチバイ価格にするため、今回購入しました。「1枚だけ残してCDを処分しろ」と言われたら、私はこれを残します。  私にだまされたと思って、聴いてみられませんか?絶対に泣けます。  

おとっぴぃ さん | 島根県 | 不明

5

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品