反社会学講座

P.マッツァリーノ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784872574609
ISBN 10 : 4872574605
フォーマット
発行年月
2004年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,305p

内容詳細

オトナ社会の紋切り型にメスを入れる「反常識の知」。面白くってタメになる、禁断の知的エンターティンメント!反社会学の目的は二つです。第一に、社会学という学問が暴走している現状を批判すること。第二に、不当な常識・一方的な道徳・不条理な世間体から人間の尊厳を守ること。

目次 : なぜ社会学はだめなのか/ キレやすいのは誰だ/ 満足ですかー!/ パラサイトシングルが日本を救う/ 公平な社会を作るバカ息子(娘も)/ 日本人は勤勉ではない/ 続・日本人は勤勉ではない/ フリーターのおかげなのです/ ひきこもりのためのビジネスマナー講座/ ふれあい大国ニッポン/ 本当にイギリス人は立派で日本人はふにゃふにゃなのか/ 学力低下を防ぐには/ それでも本を読みますか/ 夏季限定首都機能移転論/ スーペー少子化論争/ 渡る世間は自立の鬼ばかり

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
タイトルを見て難しそうだと思っていたら、...

投稿日:2005/01/18 (火)

タイトルを見て難しそうだと思っていたら、げらげら笑わせてもらった。屁理屈学問に成り下がった社会学に対するアンチテーゼと言おうか、世の中の事、まず疑ってみろと思わせてくれる作品。ただ、あんたも糾弾されかねないよって節も幾つかあるけどね。

じぇい さん | 岡山県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 魚京童! さん

    本書を読んで笑う人は、正常な頭脳と自由な精神の持ち主です。反対に、怒りだす人は、学力低下および判断力停止の末期症状であるおそれがあります。

  • 若冲 さん

    面白い。疑問を持つ事は、自分で考える事の足掛かり。これ…中学生位で丁度良い教科書になるでしょ。

  • 山崎 さん

    著者の批判するところの社会学的手法を用いて、社会学者が行っていることをパロディーしているところがとても刺激的。ユーモアあふれる皮肉的な表現とてもおもしろく笑ってしまいますが、取り扱っている問題は笑っていられません。社会学のパワーをパロディーで証明したとも言えなくはない、要するに、自身の意見を補強するために、統計は如何様にも使えるのだということ。数字に踊らされず、メディアの扇動、学者の戯言に耳を貸さず、自分で調べて考えな!そんなメッセージを受け取れるような一冊です。でもそうするとみんな社会学者に……。

  • kinonis さん

    おもしろい。そこらへんのテレビ番組なんぞクソ喰らえというレベルで。ちょっとマジメなこと言ったかなと思ったらネタ仕込んでくる。かと思ったら正論である。この構成、いい。さらに最後のまとめがもう完璧にまとめられている。素晴らしい。

  • じゅんじゅん さん

    ユーモアあふれるツッコミで面白く読みました。 少年犯罪、フリーター、少子化などなどパオロさんの主張に妙に納得してしまいました。 事実と主張をきっちりととらえて行く視点が大切ですね。 興味が湧いたのでパウロさんの【反社会学講座ブログ】も読んでみようと思います。 

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品