アマデウス

P.シェファー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784875746003
ISBN 10 : 4875746008
フォーマット
出版社
発行年月
2002年07月
日本
追加情報
:
19cm,182p

内容詳細

音楽史上ただひとりの天才モーツァルト。その音楽と愛に彩られた短くも華麗なる35年の生涯を描き、全世界を興奮させた大ヒット舞台劇のシナリオ新装版。数々の賞に輝いた映画化作品のディレクターズ・カット公開。

【著者紹介】
ピーター・シェファー : 1926年、リヴァプールに生れる。処女戯曲「五重奏」(1958年)がロンドンとニューヨークで上演され、大ヒットする。続いて「自分の耳」「他人の目」(1962年)を発表。(「他人の目」は「フォロー・ミー」の題名でキャロル・リード監督、ミア・ファロー主演によって映画化されている)スペインの探険家フランシスコ・ヒサロのインカ帝国征服を題材とした「ロイヤル・ハント・オブ・ザ・サン」(1964年)、「ブラック・コメディ」「ホワイト・ライズ」(1965年)、「シュライウィングの戦い」(1970年)、と話題作を次々に発表。そして「エクウス」(1973年)、「アマデウス」(1979年)は世界的に大ヒットし、今日に至る

江守徹 : 1944、東京生まれ。俳優(文学座所属)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    桑原水菜作品でも言及されていたので興味を持って読みました。俗世の名誉を着飾り、お菓子を貪るサリエリと対照的に下品且つ傲慢でもあり、世間知らずだが才能に魅入られたアマデウスことモーツァルト。サリエリは音楽を理解する才能は秀でていたためにアマデウスの天賦の才能を見つけ、絶望した。努力をして一時、名を残しても後世にも残る天才の偉業には風の前の塵にも等しい。サリエリが諸行無常ということを悟っていたならばこんなにも苦悩しなかっただろうか。神を呪うサリエリと神の救いがないから亡き父に縋ろうとしたアマデウスが印象的。

  • メルコ さん

    ナショナルシアターライブで観劇してから再読してみた。膨大な史実を元に、想像力豊かな世界を作り出している。天才に対する嫉妬から狡猾な罠に嵌めようとするサリエリ。年老いてから自分が殺したと告白する。音楽史上に輝くモーツァルトが実は軽薄なキャラクターで、次第に貧困、父の亡霊に怯えていく姿は息を呑むものがある。

  • 日々珠 さん

    嫉妬を芸術化。「これが『嫉妬』か」と片鱗で気づくようになったのは、この作品の朗読を聴いていたおかげ。恐ろしいけれども生気あふれる台詞に「ここまで言うか」と気が遠くなりました。泣き、覚え、無感覚になるほどカセットテープで聞きました。強烈な予防注射でしたが、平常心への効き目が確かにありました。

  • のほほんなかえるさん さん

    すごい緻密な舞台だったのだろう。狂気があふれている。圧倒的なセリフの質感。なのにどことなく切なくなる。映画とはまた違った味わいがある。蛇足:あとがきに、この戯曲を訳者に紹介した人として飯沢匡の名前を見てふふっと笑い、翻訳のアドバイザーに松岡和子の名前を見てニンマリした。

  • asiantamtam さん

    ナショナルシアターライブで舞台上映があったので観に行った。やっぱり『アマデウス』は良いと再確認したところで再読してみた。前に観たときは天才vs凡人が主題だと思っていたけど、今回改めて読むと神vs人だな。勝てない戦いに変化球で挑むサリエリさんは頑張ってる!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品