CD 輸入盤

Ordinary Man (Deluxe Version)

Ozzy Osbourne (オジー・オズボーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
19439718462
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, デラックスエディション,輸入盤

商品説明

へヴイ・メタルの帝王=オジー・オズボーン 10年ぶり11作目となる待望のニュー・アルバム『オ―ディナリー・マン』
タイトルトラック「オ―ディナリー・マン」は、エルトン・ジョンとのデュエット曲!


BLACK SABBATHのデビューから50周年、そしてソロ・キャリアの幕開けとなった名盤『ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説』から40周年。オジーの実に10年ぶりとなる待望の11thオリジナル・アルバムが遂に完成した。GUNS N' ROSESのダフ・マッケイガン(B)とRED HOT CHILI PEPPERSのチャド・スミス(Dr)がリズム隊を務め、2ndシングル「ストレート・トゥ・ヘル」ではスラッシュ(G)が、3rdシングルの表題曲「オーディナリー・マン」ではなんとヴォーカルとピアノでエルトン・ジョンが参加!美しい壮大なバラードをデュエットで披露している。プロデューサー兼ギタリストとしてアンドリュー・ワット(2019年9月に世界15か国でアルバム・チャート1位を獲得したポスト・マローンのプロデューサーで元カリフォルニア・ブリードのギタリスト)を迎えて制作された本作は、過去幾度となく死にかけてきたオジー復活劇の始まりか、それとも渾身のラスト一撃か!?

「おそらく『ノー・モア・ティアーズ』以来の重要な作品になりそうだ。このアルバムは崇高なる力からの贈り物だった。俺が全身全霊を注ぎ込んだこのアルバムを、みんなが聴いてくれることを心から願っているよ」。― オジー・オズボーン

■完全生産限定
■ソフトパック仕様


(メーカーインフォメーションより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これはオジーのラストアルバムになるのだろ...

投稿日:2020/02/24 (月)

これはオジーのラストアルバムになるのだろうか。曲のタイトルが死を連想させるものが多く、聴く側が、どうしても感傷的になってしまう。しかし、声は若返ったかの様で、とても重い病を患っているとは思えない。曲も粒揃いで、特にエルトン・ジョンとの表題曲は、過去の名曲群とも引けを取らない。気になる相棒のギタリストだが、プロデューサーを兼務し、今回、オジーにニューアルバムを作る決断をさせたとの事。トニー・アイオミ、ランディ・ローズ、ザック・ワイルド程の個性はないが、ここは素直に感謝したい。

隆 さん | 千葉県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Ozzy Osbourne

オジー・オズボーン(本名ジョン・マイケル・オズボーン)は1948年12月3日、バーミンガムの郊外にあるユダヤ人街、アストンで6人兄弟の4番目、長男としてこの世に生を受けた。両親も合わせると8人の大家族で裕福な暮らしではなかったようだ。10代は荒んだ生活を送っていたらしく、やれるだけの悪い事は一通り経験済。1960年代中頃、17歳の頃には早くも刑務所暮らしを経験している。

プロフィール詳細へ

Ozzy Osbourneに関連するトピックス

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品