CD 輸入盤

『20世紀オルガン音楽〜マクスウェル・デイヴィス、ヒンデミット、他』 サイモン・プレストン(2CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4824925
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Australia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

マクスウェル・デイヴィス圧巻の大作など、イギリス作品を多数収録

サイモン・プレストンは合唱音楽を専門とする指揮者であると同時に、素晴らしいオルガン奏者でもありました。そのキャリアの初期、『グラモフォン』誌は彼について「オルガンの真の使者」と評しています。
 この2枚組のアルバムは、20世紀の作曲家によるオルガン音楽を収録しています。プレストンはその前年夏にオルガン給費生だったケンブリッジ・キングス・カレッジを去ったばかりの1963年春に、グロスタシャー州サイレンセスターに招待されました。その町のグラマー・スクールで音楽を担当していたのが、1960年代戦後のイギリス音楽の火付け役として名を知られていたピーター・マクスウェル・デイヴィスでした。プレストンも同じようにイギリスの主な合唱団体を監督し、レベルの向上に貢献していました。プレストンはそのマクスウェル・デイヴィスによる、中世の定旋律「おお大いなる神秘」に基づく大作となる幻想曲を録音。この作品と企画は音楽教育の草分けで、幻想曲そのものからはこの作曲家が長大な作品を非常に巧みに組み立てていることがわかります。この後あまり録音される機会はなく、初演となるこの曲は現在でも一切その強い影響力を失っていません。1曲(ブリテンの『ヴィットリアの主題による前奏曲とフーガ』)を除くすべての曲がデッカによる世界初CD化となっています。(輸入元情報)

【収録情報】
1. ヒンデミット:オルガン・ソナタ第1番
2. ヒンデミット:オルガン・ソナタ第2番
3. ヒンデミット:オルガン・ソナタ第3番
4. マクスウェル・デイヴィス:おお大いなる神秘
5. エルガー:オルガンのためのソナタ Op.28
6. レイトン:賛歌
7. ブリッジ:アダージョ
8. ハウエルズ:オルガンのためのラプソディ Op.17-3
9. ティペット:モンテヴェルディの晩祷による前奏曲
10. ブリテン:ヴィットリアの主題による前奏曲とフーガ

 サイモン・プレストン(オルガン)

 
 使用楽器:
 イズリントン、福音史家聖ヨハネ教会のオルガン(1-3)
 ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールのオルガン(4)
 ブリストル、コルストン・ホールのオルガン(5-10)

 サイレンセスター・グラマー・スクール管弦楽団&合唱団(4)
 ピーター・マクスウェル・デイヴィス(指揮)

 録音:
 1970年2月12,13日、イズリントン、福音史家聖ヨハネ教会(1-3)
 1962年3月、グロスタシャー州サイレンセスター&1963年3月、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール(4)
 1967年1月5,6日、ブリストル、コルストン・ホール(5-10)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品