CD 輸入盤

カバレフスキー:組曲『道化師』、ハチャトゥリアン:剣の舞、バーバー:アダージョ、他 エフレム・クルツ&NHK交響楽団(1962)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC2147
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

華やかな舞台を彷彿させるクルツのロシア・バレエ作品

エフレム・クルツ[1900-1995]はロシア出身、革命後は欧米で活躍した指揮者で、1962年にN響と共演しました。ここではクルツ十八番のロシア・バレエ及び劇音楽の小品を聴かせてくれます。いずれも華やかな舞台を彷彿させ、フィギュア・スケートでもお馴染みのハチャトゥリアンの『仮面舞踏会』のワルツもロシアならではの濃厚な歌い回しが絶品。運動会の定番音楽「ギャロップ」を含むカバレフスキーの『道化師』も貴重。バーバーの名作『弦楽のためのアダージョ』も、クルツの手にかかるとまるでチャイコフスキーのようになるのに驚かされます。(販売元情報)

【収録情報】
1. カバレフスキー:組曲『道化師』(全10曲)
2. チャイコフスキー:バレエ組曲『くるみ割り人形』より5曲
3. リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲 Op.34
4. ハチャトゥリアン:バレエ組曲『ガイーヌ』〜ばらの乙女の踊り/子守歌/剣の舞
5. ハチャトゥリアン:付随音楽『仮面舞踏会』〜ワルツ
6. プロコフィエフ:『3つのオレンジへの恋』〜スケルツォ/行進曲
7. バーバー:弦楽のためのアダージョ


 NHK交響楽団
 エフレム・クルツ(指揮)

 録音時期:1962年5月5日(1,2)、5月26日(3-5)、6月7日(6,7)
 録音場所:東京、旧NHKホール(1-5)、東京厚生年金会館(6,7)
 録音方式:モノラル(ライヴ 公開収録)

 国内プレス
 日本語帯・解説付

内容詳細

若い頃アンナ・パブロワの伴奏を務め、バレエ指揮者として名を馳せたエフレム・クルツ。1962年の初来日ではN響から華やかで流麗なサウンドを引き出した。聴きものはハチャトゥリヤン作曲「仮面舞踏会」からの高名なワルツ。緊迫した舞台を想起させる名演だ。(彦)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Orchestral Concertに関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品