Oliver Nelson
新商品あり

Oliver Nelson (オリヴァーネルソン) プロフィール

Oliver Nelson | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

1940年代にCootie Williamsと一緒にサックスを演奏していたという兄を持つOliver Nelsonは1932年5月4日、セントルイスに生まれている。6歳でピアノを始め、11歳でサックスを演奏し始め、40年代末にはローカルバンドで演奏をし、50〜51年にかけてLouis Jordanのビッグバンドに参加する。その後、2年間を海兵隊の兵役で過ごした後、作曲と楽理をセントルイスの二つの大学で学んだ。卒業後、1958年、ニューヨークへ移ったオリヴァーは、Erskine Hawkins、Louie belsson等と演奏、さらにハーレムの伝統的なアポロシアター付きのアレンジャーとして職を得た。翌年、559年からレコーディング・アーティストとして活動を開始、1961年、永久ヒット曲“Stolen Monemts”を含む名盤『The Blues And the Abstract Truth』を録音した。この作品には当時の昇竜の勢いの若者、Eric Dolphy、Bill Evans等が参加、時代の最先端を走る音楽を展開していた。その後、オリヴァーは「Prestige」「Verve」といった60年代ジャズの代名詞的なレーベルに次々とアルバムを録音。モダンビッグバンドのアレンジャーとして不動の地位を築いた。また、オリヴァーはスタジオ・ワーク老いても多くのジャズメンたちを手助け、キャノンボール・アダレイをはじめ多くのヤングライオンたちの作品のアレンジを手掛けている。  1967年ロスアンジェルスに移ったオリヴァーは、TV,映画の仕事を手掛けながら、ジャズの作品を生み続け、70年代には、それまでの「Impulse」に代わり「Flying Dutchman」に移籍、「Swiss Suite」など最後の名盤を生み出したが1975年10月27日、突然襲った心臓麻痺で亡くなった。43歳の早すぎる死だった。

%%message%%