CD

LSD REVAMPED (20th Anniversary Deluxe Edition)

OSAMU SATO

基本情報

カタログNo
:
MMCD20024
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
デラックスエディション

商品説明

1998年にPlayStation用のゲームとしてOsamu Satoが映像、音楽を担当した『LSD』。現在ではインターネット経由でその先鋭的な内容が注目を集め、ビデオゲーム史上最もエクスペリメンタルな作品として世界中のゲームファンから再評価される本作のオリジナル・サウンド・トラックが発売20周年を記念してリマスター復刻! 新リミックス2作品を含む特別エディションが登場!

98年にリリースされたNot a Game なLSDのリリースから20年。伝説的プロデューサー、オサム・サトウが送り出したカルトゲーム“LSD”の影響は多岐に渡り、様々なジャンルのクリエイターに及んでいたようだ。今でもネット上ではその攻略動画が後をたたない。
90s日本テクノリバイバルも相まって欧米ではその神秘性から彼のフォローワーがどんどん急増している。2017年は英国のサイケデリック・ロックバンド、ALT-Jの新作“Relaxer”のアートワークにも起用された。2018年本人によるミックス&リマスターにNEW Remixを加えてサウンドトラックが蘇る。LSDのライブツアーも行われ、LSD伝説は2018年、更新される。

佐藤理 (さとうおさむ) / アーティスト
1960年、京都生まれ、東京在住。父、祖父とも写真家。周囲の大人が芸術関係ばかりという環境で少年期をすごし、学生時代は、デザインと写真工学を二つの大学で学ぶ。2校の学籍及び浪人、米国遊学、留年により8年間の学生生活をおくる。
その間に写真やデザインの制作の傍ら電子音楽に興味をもちはじめ、シンセサイザーとテープを使いさまざまな実験音楽、環境音楽を制作、ライブなどで発表。また当時の音楽はNHKの番組BGMやテーマ曲に使用された。そのほか卒業制作の作品を、当時カリスマ的な人気があったEP-4佐藤薫氏のインディーズレーベルよりカセット+シルクスクリーンの作品をリリース。その活動が当時のサブカル誌、宝島などに紹介される。卒業後上京、広告制作会社のモス・アドバタイジングに入社。
直属の上司は当時コピーライターであった、故・川勝正幸氏。その後、1年半で退社し平成元年に(有)アウトサイドディレクターズカンパニーを設立、1991年最初の展覧会ではコンピュータグラフィックで「アルファべチカル・オルガズム」を発表、多くの国内外のプレスから取材を受け、その後もコンスタントに作品を発表。
他、マルチメディアプロダクションとして、多くの作品にたずさわり、ソニーミュージックからPCゲーム作品「東脳」、米国ソニーからは米題「EASTERN MIND」としてデビュー。そのほか音楽CD「EQUAL」などが日本、ヨーロッパのソニーからリリースされた。その後、現在もカルトクラシックとして名高いプレイステーションの「LSD/ドリーム・イミュレーター」をアスミックエースより発売。
近年、一旦すべてをリセット、原点に戻り、作品制作を中心に活動を開始。また時を同じくしてベルリンのテクノレーベルSLEEPERS RECORDSよりのオファーにより音楽活動も再開。


(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

98年に発売されカルト的人気を得たゲーム『LSD』のサントラ『LSD&REMIXIES』が、発売20周年を記念して再構築リリース。ミニマルからサイケデリックまで、映像喚起力あふれるファンシーなエレクトロ音楽は今も新鮮で、ボートラ1曲+新リミックス3曲の追加が嬉しい。マスタリングは砂原良徳。(ミ)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

OSAMU SATOに関連するトピックス

クラブ/テクノ に関連する商品情報

おすすめの商品