Nusrat Fateh Ali Khan

Nusrat Fateh Ali Khan (ヌスラット・ファテアリ・ハーン) プロフィール

Nusrat Fateh Ali Khan | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

インド半島西部に位置するパキスタン(パキスタン回教共和国世紀から登場したといわれるスーフィー派、歌や踊りを通し神を崇め、またそれを布教の手段とし、そこで僧(カッワール)たちが歌ういわばイスラム教版のゴスペルともいえる宗教歌をカッワーリという。血縁をメインとしたの男性の集団にて歌われるカッワーリ、主唱者を中心にバックに歌と手拍子、楽器等(小型のリード・オルガン、ハルモニウムや太鼓のドーラクやタブラ)が入り宗教的歌詞が何度も繰り返され、聴く者をトランス状態(宗教的陶酔)へと導くものである。主にウルドゥー語やペルシア語で歌われるカッワーリはアッラーの神、予言者ムハンマド等、聖者を賛美する為の音楽である。 

’97年の夏、パキスタンが生んだ一人の偉大なる伝道師がこの世を去った。パキスタンが生んだ衝撃の声またスーフィ歌謡の巨匠と詠われ世界中にその名を轟かせた人物、Nusrat Fateh Ali Khan(ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン)。ヌスラットは1948年10月13日にLyallpur(現在のパンジャーブ州)、600年の伝統を持つといわれるカッワールの名門家族の長男として生まれる。ヌスラットの父はウスタッド・ファテ・アリ・ハーン、イスラム神秘主義、カッワーリの父と呼ばれていた。また伯父のムダラック・アリカーン、サラマッド・アリカーンもカッワーリの歌い手である。4歳年下である弟のファッルク・ファテ・アリ・ハーンもヌスラットと共にデビューしている。

ヌスラットの歌を絶賛したPeter Gabriel(ピーター・ガブリエル)によって 1948年
’82年のWOMADWorld of Music Arts and Dance)ピーター・ガブリエル主宰のフェスティバル)に出演し世界的に知られる存在となる。また同じくピーター・ガブリエルが主宰するレーベル“Real World(リアル・ワールド)からも数枚のアルバムをリリースしている。又プロデューサーであるマイケル・ブルックスと実験的に制作されたアルバム“情熱の炎〜Mustt Mustt"では東洋の神秘とも言えるカッワーリと西洋的サウンドの融合が美しい旋律をも醸している。

その声は’95年、ティム・ロビンス監督のアメリカ映画“Dead Man Walking"にても2曲サウンド・トラックに収録されてる。そして本人もPearl Jam(パールジャム)のEddie Vedderと共演、また同じくヌスラット本人が映画出演している’97年のRahul Rawail監督作品“Aur Pyar Ho Ga Ya"というヒンディー映画、この映画は’94年のミス・ワールド初出演となった、アイシュワリヤ・ライとボビー・デオールのラヴ・ストーリー、ここでヌスラットが音楽を担当し、自らも出演しているという貴重なもの。また’98年イタリア・フランスの合作映画“APRILE”にても“預言者ムハマンドを想うと”が使用されている。また’97年にリリースされたAR.Rahman(A.R ラフマ−ン)の“Vande Mataram”でも美しい歌声を聴く事が出来る。

ヌスラットはニューヨークにて肝臓移植手術を行う予定であったがその前に様態が急変し、肝疾患により’97年の8月16日、ロンドンのクロムウェル病院にてこの世を去った。

ヌスラット亡き今、もう二度とその神懸り的パフォーマンスを見る事は出来ない訳なのでであるが、残されたアルバムからはその声を体験する事が出来る。改めて聴いてみるともう現世を遥か超越した所にいるのであるかのようなその歌声に衝撃を受ける。またヌスラットのアルバムからは国、民族、宗教を超越した世界共通のもの、それがヌスラットの願いであったのかも知れない。

%%message%%