DVD

Live! Tonight! Sold Out!!

Nirvana (ニルヴァーナ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UIBY75084
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
DVD
その他
:
期間限定盤, ライブ盤

商品説明

【3ヶ月期間限定盤】【プレイパス(R)対応】絶頂期のライヴ、TV出演、インタビュー、オフショット等、ニルヴァーナが巻き起こした現象、カート・コバーンの壮絶な生き様を後世に伝える不朽の名作。1992年、アムステルダムでのライヴから5曲をボーナス収録。
(1994年作品)

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

部屋でも、風呂でも、電車でも!
“進化版”DVDキャンペーン 2017

「プレイパス(R)」対応だから、スマホで簡単に視聴可能。
なので部屋ではDVD、お風呂や電車ではスマホで楽しめる。
なのに、税抜¥1,980から(2枚組¥2,980から)のビックリ・プライス!
それが、今だからこそ実現した“進化版”DVDキャンペーン。
邦楽洋楽のベストセラー122タイトルを3ヶ月限定でお届けします!

(※)プレイパス(R):買ったCD/DVD/Blu-rayについているプレイパスコードを入力するだけでスマホで曲や映像を、簡単に再生することができる、株式会社レコチョクが運営するサービスです。尚、本キャンペーンにおけるサービスの有効期間は、2017年6月末日までとなります。


94年のカート・コバーンの死後、メンバーのクリス・ノヴォゼリックとデイヴ・グロールが中心となって始動した、ニルヴァーナの映像プロジェクト。ライヴ映像や貴重なインタビューなどを収録する。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. オープニング
  • 02. セッティング・ザ・ステージ
  • 03. アニュウリズム
  • 04. アバウト・ア・ガール
  • 05. ダイヴ
  • 06. ラヴ・バズ
  • 07. ヘッドバンガーズ・ボール: ア・ビッグ・バズ
  • 08. ブリード
  • 09. ザ・トップ10
  • 10. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット
  • 11. ネガティヴ・クリープ
  • 12. カム・アズ・ユー・アー
  • 13. テリトリアル・ピッシングス
  • 14. ザ・チョーズン・リジェクツ
  • 15. サムシング・イン・ザ・ウェイ
  • 16. リチウム
  • 17. ザ・ソングス
  • 18. ドレイン・ユー
  • 19. ポーリー
  • 20. スリヴァー
  • 21. メディア
  • 22. オン・ア・プレイン
  • 23. エンドレス、ネームレス
  • 24. ラウンジ・アクト(エンド・クレジット)
  • 25. ●ライヴ・イン・アムステルダム1. スクール2. アバウト・ア・ガール3. ビーン・ア・サン4. オン・ア・プレイン5. ブルー
  • 26. ■パーソナル・プレイリスト機能

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
14
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アメリカのお昼のワイドショー(?)的な番...

投稿日:2009/11/24 (火)

アメリカのお昼のワイドショー(?)的な番組にゲスト出演して、気障った司会者が「では現在大ヒット中のリチウムです!どうぞっ!」って紹介してんのに、ゴリゴリのパンクナンバー(Territorial Pissings)大音量で演奏して最後はドラムセット破壊して帰ってった。これぞROCKやし、オレにとってNirvanaの「最高の瞬間」です。

鳴門の海賊 さん | 徳島県 | 不明

1
★
★
★
★
★
NIRVANAの世界から抜け出せない。抜け出す...

投稿日:2007/11/07 (水)

NIRVANAの世界から抜け出せない。抜け出す気もない。やっぱNIRVANAが大好きだ。

コウ さん | 東京 | 不明

2
★
★
★
★
★
最高!とくにカムアズのラリってチューニングがズレ...

投稿日:2007/05/01 (火)

最高!とくにカムアズのラリってチューニングがズレて直すところや俺たちはスメルズだけじゃないんだと言わんばかりにライブでスメルズを途中で止めるところや最初のアニュリズムが格好いい!

ゲレン さん | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Nirvana

生涯一パンクスを貫こうとした男がやはり世間的には'英雄'、'スーパースター'以外の何者でもなかったという悲劇。ただ彼らの音とマトモに対峙し、バイオを追っていけば自分らと何ら変わらない”唯のパンク〜ロック好きのミュージシャン”というカート・コバーンの素顔に出会えるだろうし、熱心なリスナーはそこに安堵に似たものを見出すだろう――

プロフィール詳細へ

Nirvanaに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品