Nick Lowe

Nick Lowe (ニック・ロウ) プロフィール

Nick Lowe | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ニック・ロウ(Nick Lowe、1949年3月24日 - )はイギリスのロックミュージシャン、作曲家、ベーシスト、音楽プロデューサー。

来歴

1966年にKippington Lodge(キッピングトン・ロッジ)のメンバーとしてデビュー。後にKippington Lodgeはブリンズレー・シュウォーツ(Brinsley Schwarz)になる。ブリンズレー・シュウォーツは、ザ・バンドの影響を受けており、1970年代のパブロック・バンドの代表格だったが、知名度は低かった。1974年にアルバムの中で発表した「(What's So Funny 'Bout) Peace, Love, and Understanding」は現在も様々なアーティストの間で歌い継がれている。

1975年、ブリンズレー・シュウォーツを解散。その後は、スティッフ・レコードのハウス・プロデューサーとして評価を得る(ダムド『Damned Damned Damned』など)一方、デイヴ・エドモンズらとロックパイルとして活動。

1979年、「恋するふたり」がビルボード・Hot 100で12位を記録。また本国イギリスでもチャートの12位を記録した。ロックパイル解散後は、ソロ活動やエルヴィス・コステロ、プリテンダーズらのプロデューサーとしても活躍した。

1980年代末期にはライ・クーダー、ジョン・ハイアット、ジム・ケルトナーと共にLittle Villageを結成し、1992年に唯一のアルバム『Little Village』を発表。

2009年11月にはライ・クーダーとその息子のヨアキム・クーダーと共に来日。

ディスコグラフィー

%%message%%