LPレコード 輸入盤

ニューイヤー・コンサート2022 ダニエル・バレンボイム&ウィーン・フィル (3枚組アナログレコード/Sony Classical)

New Year's Concert

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
19439962551
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

新たな年を寿ぐ、ウィーン・フィルの華麗なワルツとポルカ。ダニエル・バレンボイム&ウィーン・フィル/ニューイヤー・コンサート2022(LP)

■毎年1月1日に行なわれるウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。クラシック音楽の中でも最も有名で、ウィーンの誇る黄金のムジークフェラインザールからTVとラジオを通じて世界90カ国以上に放送され、5千万人が視聴するというビッグ・イベント。1939年に始まる75年以上の歴史を誇るこのコンサートでは、音楽の都ウィーンを象徴するシュトラウス一家のワルツやポルカが演奏され、その高額のチケットは世界一入手困難と言われています。
■2022年は、今ウィーン・フィルと最も密接な関係にあるダニエル・バレンボイムが2009年・2014年以来、8年ぶりに登場。バレンボイムはコロナ禍で演奏休止を余儀なくなくされたウィーン・フィルが最初に迎えた指揮者でもあります。今年80歳をむかえる巨匠へのウィーン・フィルからのプレゼントでもありましょう。
■演奏曲目は、定番の「美しく青きドナウ」「ラデツキー行進曲」などに加えて、2021年のさまざまなアニヴァーサリーなどテーマ性を織り込んだ多彩な作品で構成され、新鮮味十分です。

ダニエル・バレンボイムは、1942年アルゼンチン生まれの指揮者・ピアニスト。7歳で天才ピアニストとしてデビュー。1960年代からは指揮者としての比重を高め、世界各地のメジャー・オケに客演。パリ管やシカゴ響の音楽監督を経て、ベルリン国立歌劇場音楽監督。パレスチナとイスラエルの若手音楽家で「ウェスト・イースタン・ディヴァン管」結成。
収録内容
[収録予定曲]
第1部
1. フェニックス行進曲 作品105★ (ヨーゼフ・シュトラウス)
2. ワルツ「フェニックスの羽ばたき」 作品125 (ヨハン・シュトラウス2世)
3. ポルカ・マズルカ「海の精セイレーン」 作品248★ (ヨーゼフ・シュトラウス)
4. ギャロップ「小さな広告」 作品4 (ヨーゼフ・ヘルメスベルガー)
5. ワルツ「朝刊」 作品279 (ヨハン・シュトラウス2世)
6. ポルカ・シュネル「ちょっとした記録」 作品128★ (エドゥアルト・シュトラウス)

第2部
7. オペレッタ「こうもり」 序曲 (ヨハン・シュトラウス2世)
8. 音楽の冗談「シャンパン・ポルカ」 作品211 (ヨハン・シュトラウス2世)
9. ワルツ「夜遊び」 作品466★ (カール・ミヒャエル・ツィーラー)
10. ペルシャ行進曲 作品289 (ヨハン・シュトラウス2世)
11. ワルツ「千一夜物語」 作品346 (ヨハン・シュトラウス2世)
12. ポルカ・フランセーズ「プラハへご挨拶」 作品144 (エドゥアルト・シュトラウス)
13. 性格的小品「家の精霊」★ (ヨーゼフ・ヘルメスベルガー)
14. ポルカ・フランセーズ「ニンフのポルカ」 作品50★ (ヨーゼフ・シュトラウス)
15. ワルツ「天体の音楽」 作品235 (ヨーゼフ・シュトラウス)
他 アンコール曲を収録予定

*日本ヨハン・シュトラウス協会刊の『ヨハン・シュトラウス2世作品目録』(2006)、『ヨーゼフ・シュトラウス作品目録』(2019)に従っています。 

★ニューイヤー・コンサート初演奏の作品

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ダニエル・バレンボイム

[録音]2022年1月1日、ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ・レコーディング

(メーカーインフォメーションより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

New Year's Concertに関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品