CD

ニューイヤー・コンサート1989 カルロス・クライバー&ウィーン・フィル

New Year's Concert

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC2008
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

美しく青きドナウ〜ニューイヤー・コンサート1989
カルロス・クライバー&ウィーン・フィル


カルロス・クライバーとウィーン・フィルの伝説的名演。
クライバーが初めて登場して話題を呼んだ、1989年ニューイヤー・コンサートのライヴ録音であり、クライバーの正規録音としても、およそ6年半ぶりのものでもありました。妥協を許さぬことで有名なこの指揮者の要求にウィーン・フィルもよく応え、闊達軽妙で、切れの良いリズムを随所に聴くことができます。この伝説の指揮者の魅力を存分に堪能することのできる貴重な1枚。(メーカー資料より)

【収録情報】
● ヨハン・シュトラウス2世:加速度ワルツ op.234
● ヨハン・シュトラウス2世:田園のポルカ op.276
● ヨゼフ・シュトラウス:ポルカ・マズルカ『とんぼ』 op.204
● ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇『こうもり』序曲
● ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ『芸術家の生活』 op.316
● ヨゼフ・シュトラウス:ポルカ『風車』 op.57
● ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ『ハンガリー万歳』 op.332
● ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ『クラップフェンの森で』 op.336
● ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ『春の声』 op.410
● ヨハン・シュトラウス2世&ヨゼフ・シュトラウス:ピチカート・ポルカ
● ヨハン・シュトラウス2世:騎士パズマンのチャールダーシュ op.441
● ヨゼフ・シュトラウス:ポルカ『おしゃべりなかわいい口』 op.245
● ヨゼフ・シュトラウス:ポルカ『騎手』(ジョッキー・ポルカ) op.278
● ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ『美しく青きドナウ』 op.314
● ヨハン・シュトラウス1世:ラデツキー行進曲 op.228

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カルロス・クライバー(指揮)

 録音時期:1989年1月1日
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

【ソニー・クラシカル名盤コレクション1000】
これが全世界を100年間感動させてきたクラシックの名盤だ!カザルスから五嶋みどりまで、2大クラシック・レーベル、ソニー・クラシカルとRCA RED SEALを中心にソニー・ミュージックが所有する多彩なクラシックの名盤・銘盤・超盤・定盤・迷盤・奇盤・珍盤・お宝盤を、新規ライナーノーツ、一部世界・日本初CD化も含む驚愕の価格1,000円+税(2枚組は¥1,500+税)で2回に分けてリリースするシリーズが2016年も登場。(メーカー資料より)

内容詳細

クライバーが初めて登場した89年“ニューイヤー・コンサート”のライヴ録音。ワルツ、ポルカはお手のもののVPOに対して、1フレーズずつ、徹底的にリハーサルをしたというクライバーの歴史的名盤といえる一枚。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
クライバーのニューイヤー初登場CD!! 残...

投稿日:2008/02/03 (日)

クライバーのニューイヤー初登場CD!! 残念ながら全曲収録はしていないですが、なかなか楽しめる一枚になっています。音質は、ほとんど生に近い感じで、あまり好まない人がいるかもしれませんが、逆に、クライバーがウィーンフィルに要求している音を生で感じることができます。お得意の「序曲こうもり」や「チャルダッシュ」など、息もつかせない見事な演奏をしています。完全収録したDVDも発売されているので、興味のある方は是非そちらもチェックしてみてください!!

眼太郎 さん | 京都市上京区 | 不明

1

New Year's Concertに関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品