New Year's Concert
新商品あり チケット受付中

New Year's Concert プロフィール

New Year's Concert | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサート(独: Das Neujahrskonzert)は、毎年1月1日にウィーン楽友協会の大ホール(黄金のホール)で行なわれるマチネのコンサートである。ヨハン・シュトラウス2世を中心とするシュトラウス家の楽曲が主に演奏される。映像はライブで世界各国に中継され、世界中の人々がこのコンサートを楽しむ。

歴史

1939年12月31日にクレメンス・クラウスの指揮により初めて開催され、1941年の第2回からはオーストリア初代大統領カール・レンナーが1950年12月31日に死去した影響で1月14日に延期となった1951年を除いて、1月1日の正午(CET)に開催されるようになった。

1955年以降ヴィリー・ボスコフスキーが指揮をし、1959年各国に中継され始めた頃から人気が高まり、現在は全世界の40カ国以上に生中継されている。2002年には小澤征爾が、アジア人ではズービン・メータに続き2人目の指揮者となった。

歴代指揮者(年)

1986年までに登場した指揮者はクラウス、クリップス、ボスコフスキー、マゼールの全部で4人に過ぎないが、1987年のカラヤン以降は、同じ指揮者が2年連続して指揮することはなくなった。

演奏曲目

ニューイヤーコンサートの曲目の選定はヨハン・シュトラウス協会会長やシュトラウス研究家など「シュトラウス一家の権威」が集まって行われている。 そこで決まった提案を指揮者とウィーン・フィルに送付し、この両者で検討される。 この際、ポピュラーで取り上げられる回数の多い曲となじみのない曲やニューイヤーコンサート初登場の曲を出来る…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%