DVD

New Order Story

New Order (ニュー・オーダー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPBR90495
組み枚数
:
2
:
日本
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
ドキュメンタリー

商品説明

7月31日、フジロック・フェスティヴァルの最終日の大トリとしてステージに登場するNew Orderの映像集『New Order Story』。ロックとダンスを融合させ、'80年代のニュー・ウェイヴ・ムーブメントを担い次の世代へ大きな影響を与えた80年代の楽曲から、最新作『Waiting For The Sirens Call』に収録されている楽曲までを含む23曲のクリップとバージョン違いなどのボーナス・ビデオからなる充実のビデオクリップ集の<ディスク1>。そして2時間を越えるドキュメンタリー映像(これまでVHSとしてリリースされていました)の初DVD化となる<ディスク2>からなるファン必携のDVDとなっております!

Disc.1 音声:リニアPCMステレオ + ドルビーデジタル5.1ch
Disc.2 音声:リニアPCMステレオ

内容詳細

80年代の楽曲から、2005年のアルバム『ウェイティング・フォー・ザ・サイレンズ・コール』収録曲までを含むベスト・クリップ集と、2時間を超えるドキュメンタリー映像からなる、ファン必携の2枚組。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. コンフュージョン
  • 02. パーフェクト・キッス
  • 03. シェルショック
  • 04. ステイト・オブ・ザ・ネイション
  • 05. ビザール・ラヴ・トライアングル
  • 06. トゥルー・フェイス
  • 07. タッチト・バイ・ザ・ハンド・オブ・ゴッド
  • 08. ブルー・マンデイ '88
  • 09. ファイン・タイム
  • 10. ラウンド・アンド・ラウンド
  • 11. ラン
  • 12. ワールド・イン・モーション
  • 13. リグレット
  • 14. ルーインド・イン・ア・デイ
  • 15. ワールド
  • 16. スプーキー
  • 17. 1963
  • 18. クリスタル
  • 19. 60マイルズ・アン・アワー
  • 20. ヒア・トゥ・ステイ
  • 21. クラフティ
  • 22. ジェットストリーム
  • 23. ウェイティング・フォー・ザ・サイレンズ・コール

ボーナス・ヴィデオ

  • 24. ラウンド・アンド・ラウンド "Patti"
  • 25. リグレット "Baywatch"
  • 26. クリスタル "Gina Birch Version"
  • 27. セレモニー(Beijing)
  • 28. テンプテイション(Paris)
  • 29. テンプテイション(Live1981 from 3 16)

ディスク   2

  • 01. ドキュメンタリー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
「Here to stay」は発売当時から「あれ? ...

投稿日:2006/05/03 (水)

「Here to stay」は発売当時から「あれ? 久々にいい曲なんじゃないの?」と思ってましたが、こうして改めて聞くと、全盛期のどの曲にも劣らない(神憑り的名曲「Perfect kiss」は除く)ほどの出来栄えでした。Chemical Brothersのおかげかな? PVにはボーカルのバーナードを知的にしたような俳優(似)が出ていて、これまた素晴らしいです。一見の価値あり! と言いつつ、私はまた何度もリピートかけて見てしまう訳ですが。

特になし さん | 海外 | 不明

0
★
★
★
★
★
「テンプテイション」の新撮PVがとにかく...

投稿日:2005/11/03 (木)

「テンプテイション」の新撮PVがとにかくいい!! そして「ビザール・ラヴ・トライアングル」のPVが懐かしくって懐かしくって涙がでる。

ナル さん | 南の方のド田舎 | 不明

0
★
★
★
★
★
私はクリスタルを聞いて好きになった世代で...

投稿日:2005/10/25 (火)

私はクリスタルを聞いて好きになった世代ですが、すごい楽しめたので、買って良かったです☆バーニー大好きです!

バニッ子 さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

New Order

かつてこれ程までに様々な記号に彩られたバンドがあったろうか?ある種のバンドにとっては記号性とは自らのカリスマを保つためには不可欠なモノだが、彼らの場合、メンバーのルックスには派手さの欠片もなく、サウンドは無機質なデジタル・ビートを主とした音楽性、と全くカリスマ性に欠けるのだ。しかし、その無意味な記号が逆に作用する時、それはこの上なくカリスマ性として機能する。ニュー・オーダーとはそんなバンドだ。

プロフィール詳細へ

New Orderに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品