Muddy Waters / Rolling Stones

人物・団体ページへ

DVD

Live At The Checkerboard Lounge Chicago 1981

Muddy Waters / Rolling Stones (マディ ウォーターズ / ローリング ストーンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VQBD10105
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
DVD
その他
:
2CD付き, 初回限定盤, ライブ盤

商品説明

1981年11月22日、ブルースの都シカゴで、夢の共演が実現した。“史上最高のロックンロール・バンド”ザ・ローリング・ストーンズと“20世紀ブルースの巨人”マディ・ウォーターズがひとつのステージに立った歴史的ライヴが、ストーンズのデビュー50周年を記念して遂に公式リリース決定!

少年時代の友人だったミック・ジャガーとキース・リチャーズが再会を果たしたとき、ミックが脇に抱えていたのは『ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ』のLPレコードだった。彼らはマディの曲からバンド名をとって、ザ・ローリング・ストーンズを結成する。彼らのデビュー・シングルB面は、マディで知られる「アイ・ウォント・トゥ・ビー・ラヴド」だった。1964年6月、初のアメリカ・ツアーを行った彼らは、尊敬するマディが数々の名曲をレコーディングしてきたシカゴの『チェス・スタジオ』を訪れる。

そして1981年11月22日、シカゴ。ストーンズの北米ツアー中、同地での3日連続公演を翌日に控えて、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロニー・ウッドがチェッカーボード・ラウンジで行われたマディのライヴに飛び入り。ブルース・ジャムを繰り広げた。その模様は撮影され、一部が公になってきたが、最新デジタル・リマスタリングを経て、その全貌が遂に明らかになる。

「フーチー・クーチー・マン」、「マニッシュボーイ」、「ガット・マイ・モジョ・ワーキン」などブルースの歴史に冠たる名曲の数々に加え、マディの生前最後のスタジオ・アルバムとなった『キング・ビー』からの「シャンペン・アンド・リーファー」も披露するこのステージは、ロックとブルースの最高峰が相交わるセレブレーションだ。

ミック、キース、ロニーはストーンズ北米ツアー中盤の、まさにベスト・コンディション。マディは前年に日本公演を行っているが、これが最後のツアーとなった(1983年に死去)。このタイミングを逃したら二度と実現しなかった奇蹟の合体をさらに豊潤にするのが、ゲスト共演者の面々だ。ジュニア・ウェルズ、バディ・ガイ、レフティ・ディズというシカゴ・ブルースの実力派プレイヤー達、そしてストーンズの初期メンバーでありツアー・ピアニストだったイアン・スチュワートが、たった一夜のスペシャル・ライヴを盛り上げている。

アニヴァーサリー・イヤーを祝う、全ロック・ファン及びブルース・ファン必聴・必見の作品だ。

内容詳細

ザ・ローリング・ストーンズ結成50周年記念作品。20世紀ブルースの巨人マディ・ウォーターズのステージに、ミックやキース、ロニーが飛び入り参加。ブルース・ジャムを繰り広げた歴史的ライヴが、ここに蘇る。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

DVD

  • 01. スウィート・リトル・エンジェル
  • 02. フリップ・フロップ・アンド・フライ
  • 03. イントロダクション
  • 04. ユー・ドント・ハフ・トゥ・ゴー
  • 05. カントリー・ボーイ
  • 06. ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー
  • 07. フーチー・クーチー・マン
  • 08. ロング・ディスタンス・コール
  • 09. マニッシュ・ボーイ
  • 10. ガット・マイ・モジョ・ワーキン
  • 11. ネクスト・タイム・ユー・シー・ミー
  • 12. ワン・アイド・ウーマン
  • 13. ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー (インストゥルメンタル)
  • 14. クラウズ・イン・マイ・ハート
  • 15. シャンペン・アンド・リーファー
  • 16. インストゥルメンタル 1 (クレジット)
  • 17. ユア・ゴナ・ミス・ミー・ホエン・アイム・ゴーン [ボーナス]
  • 18. ブラック・リムジン - ザ・ローリング・ストーンズ (1981年12月18日のハンプトン公演から) [ボーナス]

ディスク   2

CD 1

  • 01. ユア・ゴナ・ミス・ミー・ホエン・アイム・ゴーン
  • 02. スウィート・リトル・エンジェル
  • 03. フリップ・フロップ・アンド・フライ
  • 04. イントロダクション
  • 05. ユー・ドント・ハフ・トゥ・ゴー
  • 06. カントリー・ボーイ
  • 07. アイム・ア・キング・ビー
  • 08. サムデイ・ベイビー・ブルース
  • 09. カウンティ・ジェイル
  • 10. ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー
  • 11. フーチー・クーチー・マン

すべての収録曲を見る >

予告編

このアイテムは予告編をご覧いただけます。
Movie 視聴方法は こちら

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ここ最近ストーンズのお蔵入れのアイテムが...

投稿日:2012/06/01 (金)

ここ最近ストーンズのお蔵入れのアイテムが次々出てきますね。 ミックも70歳近く。自分の年齢やこの先の余命を考えカタログの 整理に取り掛かったのでしょう。 また音楽活動もペースダウンしてるのでこういう余裕も出てきたの だろう。でも自分が最高に影響を受けた60年代のアーチストは 揃って70歳前後。(自分の年齢的に後追いで聞きましたが) 先日もバンドのりヴォンが亡くなり、後10年後 にはどれだけのこの時代の人たちが生き残ってるのだろう。 今度ビーチーボーイズがやってくるし必ず見に行きます。 行ける伝説を生で見れる機会はこれからもっと少なくなるでしょうから。 (本題からずれました。ごめんさない)

kuu さん | 宮城県 | 不明

7

おすすめの商品