Blu-ray Disc

鈴木家の嘘 Blu-ray

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TCBD0868
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
脚本
:
監督
:
音楽
:

内容詳細

ある日突然、兄が死んだ。母にはまだ本当のことは言えないけれど。
毎日映画コンクール脚本賞ほか数々の映画賞にて高い評価を得た野尻監督待望のデビュー作をBlu-ray化。

【作品内容】
母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぎ、数々の映画祭で主要部門を受賞した感動作。監督、脚本は橋口亮輔、石井裕也、大森立嗣などの数多くの作品で助監督を務め、本作が劇場映画初監督作となる野尻克己。父・幸男役を岸部一徳、母・悠子役を原日出子、長男・浩一役を加瀬亮、長女・富美役を木竜麻生がそれぞれ演じるほか、岸本加世子や大森南朋らが出演。

★数々の映画賞を席捲!
☆第31回 東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 作品賞
 東京ジェムストーン賞(木竜麻生)
☆第23回 新藤兼人賞 2018年度 金賞 (野尻克己)
☆第40回 ヨコハマ映画祭 森田芳光メモリアル 新人監督賞(野尻克己)
 最優秀新人賞(木竜麻生)・日本映画ベストテン 第9位
☆第33回 高崎映画祭 最優秀主演女優賞(原日出子)
 最優秀新進女優賞(木竜麻生)・新進監督グランプリ(野尻克己)
☆第73回 毎日映画コンクール 脚本賞(野尻克己)
☆おおさかシネマフェスティバル2019 新人監督賞(野尻克己)
 新人女優賞(木竜麻生)
☆第92回 キネマ旬報ベスト・テン
 日本映画ベスト・テン 第6位
 読者ベスト・テン 第10位
 新人女優賞(木竜麻生)
☆2018年度 全国映連賞 女優賞 木竜麻生
☆第21回ウーディネ・ファーイースト映画祭(イタリア)コンペティション部門正式出品

<Blu-ray仕様>
2018年日本/カラー/本編133分+映像特典(収録分数未定)/16:9LBビスタサイズ/片面2層/音声:【本編】リニアPCM5.1ch/字幕:なし/1枚組

<特典>
【特典映像】
特典映像とオーディオコメンタリーを収録!
●メーキング特番:『鈴木家の嘘』ができるまで
●主題歌:「点と線」(明星/Akeboshi)MV
●劇中CMフルバージョン
●舞台挨拶ダイジェスト
●撮りおろしオーディオコメンタリ―
●予告編集

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<スタッフ>
監督・脚本:野尻克己
撮影:中尾正人
照明:秋山恵二郎
録音:小川武
美術:渡辺大智/塚根潤
編集:早野亮
音楽・主題歌「点と線」:明星/Akeboshi(RoofTop Owl)
配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド

<キャスト>
岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮 岸本加世子 大森南朋

<ストーリー>
あまりにも突然に訪れた鈴木家の長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。

劇場公開:2018年11月16日(PG-12)

発売・販売元:TCエンタテインメント
©松竹ブロードキャスティング

突然すぎる長男の死に、ショックのあまり記憶を失った母。母の笑顔を守ろうとする父と娘が、引きこもりの長男は世界に飛び出したと嘘をつき……。悲しみの家族が再生するまでを、岸部一徳、原日出子らの共演で描く。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品