Blu-ray Disc

遊星からの物体X ファーストコンタクト

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCXP50098
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc

内容詳細

本編103分/2011年/アメリカ/16:9/カラー/片面2層/映像圧縮方式:MPEG-4 AVC

■音声:英語:Dolby True HD Advanced 96k(オリジナル)/日本語:Dolby True HD Advanced 96k(吹替)/英語:Dolby Digital(コメンタリー)/日本語:Dolby Digital(解説)
■字幕:日本語-字幕/日本語-吹替用字幕/日本語-コメンタリー用字幕

【映像特典】
★Deleted Scenes
★The Thing Evolves
★Fire & Ice
★撮影風景
★インタビュー集
※約60分収録予定/タイトルは(仮)英題
(特殊) コメンタリー2種
★監督&プロデューサーによる本編コメンタリー
★鶴田法男監督&鷲巣義明氏による特別コメンタリー
予定

【封入特典】
★アウターケース
★ポストカード
★ブックレット


【ストーリー】
どこまでも雪と氷が広がる南極大陸。
考古生物学者ケイトは、氷の中で発見された、太古の昔に死んだと思われる生命体の調査のため、ノルウェー観測隊の基地へと降り立った。
しかし、“それ"は、まだ生きていた。調査の中、ケイトたちが解き放った物体は、狙いをつけた生物の体内に侵入、細胞を同化して、その生物になりすまし、自らの生存のため人間同士を争わせようとする宇宙からの生命体だったのだ。そしてケイトと12人の観測隊員たちは、氷に閉じ込められた南極基地の中で、突如人間から変形して襲いかかる“それ"の恐怖と、誰が“それ"に乗っ取られているのかすら分からない疑心悪鬼に巻き込まれていく…。

【キャスト】
ケイト・ロイド:メアリー・エリザベス・ウィンステッド
カーター:ジョエル・エドガートン
サンダー博士:ウルリク・トムセン
ジェイムソン:アドヴェール・アキノエ=アグバエ
アダム・フィンチ:エリック・クリスチャン・オルセン

【スタッフ】
監督:マティス・ヴァン・ヘイニンゲンJr.
脚本:エリック・ハイセラー
原作:ジョン・W・キャンベルJr. 「影が行く」
製作:マーク・エイブラハム/エリック・ニューマン
製作総指揮:J・マイルズ・デイル
撮影:ミシェル・アブラモヴィッチ
編集:ジュリアン・クラーク/ピーター・ボイル
音楽:マルコ・ベルトラミ
特殊メイク&クリーチャーデザイン:アレック・ギリス、トム・ウッドラフJr.

© 2011 UNIVERSAL STUDIOS ALL RIGHTS RESERVED.

82年に公開されたSF映画『遊星からの物体X』の前日譚。氷の中で発見された太古の生物の調査のため、南極大陸へと降り立った考古生物学者のケイト。しかし、その生物はまだ生きていて……。21世紀ならではのスピード感と緊張感に満ちたサスペンス作。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
SFホラーの名作のリメイク、というか「前...

投稿日:2013/01/29 (火)

SFホラーの名作のリメイク、というか「前日譚」。原題はオリジナルと同じ“The Thing”なのに邦題の『ファースト〜』でいきなりネタバレしてしまっていていいのかどうか。リメイクと思って観ていたらラストでオリジナルへと繋がるシーンが出てきてニンマリ、というのが真っ当な観賞だと思うのですが。それはさておいてもグロいSFXシーンはなかなか充実しているし、オリジナルと切り離して観るとしても充分楽しめる作品だと思います。ほんの数年前はカワイイ女学生なイメージのメアリー・エリザベス・ウインステッドがいきなりオバハン学者で主役なのはちょっとびっくりでしたが。

HAL さん | 兵庫県 | 不明

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド