DVD

誰も知らない

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BCBJ2057
組み枚数
:
1
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
製作年
:
2004
フォーマット
:
DVD
その他
:
ビスタサイズ/スクイーズ, 2004
監督
:
音楽
:
追加情報
:
劇場予告編
TVスポット
「宝石」ミュージッククリップ
是枝裕和監督インタビュー(メイキング、カンヌ、初日舞台挨拶を含む)
是枝裕和監督撮影のスチール写真
演出ノート【封入特典】
こちらの商品の初回盤は終了致しております。

商品説明

1988年に、東京・西巣鴨で実際に起こった事件をモチーフに、『ディスタンス』の是枝裕和監督が、恋人と生きることを選んだ母親に捨てられ、出生届けも出されていない4人の子どもたちの生活に焦点をあて描いた、渾身の作品。また、第57回カンヌ映画祭で柳楽優弥が、最年少の14歳で最優秀男優賞を受賞するという快挙を成し遂げた。

内容詳細

トラックからアパートに荷物が運び込まれてゆく。引っ越してきたのは母けい子と明、京子、茂、ゆきの4人の子供たち。だが、大家には父親が海外赴任中のため母と長男だけの二人暮らしだと嘘をついている。母子家庭で4人も子供がいると知られれば、またこの家も追い出されかねないからだ。その夜の食卓で母は子供たちに「大きな声で騒がない」「ベランダや外に出ない」という新しい家でのルールを言い聞かせた。
子供たちの父親はみな別々で、学校に通ったこともない。それでも母がデパートで働き、12歳の明が母親代わりに家事をすることで、家族5人は彼らなりに幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、母は明に「今、好きな人がいるの」と告げる。今度こそ結婚することになれば、もっと大きな家にみんな一緒に住んで、学校にも行けるようになるから、と。
ある晩遅くに酔って帰ってきた母は、突然それぞれの父親の話を始める。楽しそうな母親の様子に、寝ているところを起こされた子供たちも自然と顔がほころんでゆく。だが翌朝になると母の姿は消えていて、代わりに20万円の現金と「お母さんはしばらく留守にします。京子、茂、ゆきをよろしくね」と明に宛てたメモが残されていた。この日から、誰にも知られることのない4人の子供たちだけの"漂流生活"が始まった-----。

ドキュメンタリー的な独特の映画話法で知られる俊英、是枝裕和監督による“家族”をテーマにした力作。本作で長男役を演じた柳楽優弥はカンヌで日本人初となる男優賞を史上最年少で受賞した。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
凄すぎる作品。静かなカメラワークや長いカ...

投稿日:2008/02/03 (日)

凄すぎる作品。静かなカメラワークや長いカットが多いところ、淡々と進むストーリー、でもワンシーンづつホント丁寧に作られたのだと思う。子役たちも上手いというか妙にリアルだ。悲しくやるせなく・・・でも子供たちが生々しく美しい・・。電車の中で2人が無言で帰るシーンで涙が止まらなくなった。作品の力に圧倒される凄い映画。

icu さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
NHKのタテタカコさんの特集で気になって映...

投稿日:2006/01/31 (火)

NHKのタテタカコさんの特集で気になって映画の紹介があり、観ました。本当に子供達の演技がうまい。というか撮り方が相当うまいのでしょう。子供達の体の部分的なカットとか・・メイキングもDVDであるからチェックしたいな〜と。 芸術家はこんな救いの無い作品は作るべきでは無いと考えていましたが、見終って、日が経つにつれ、救いが無い世の中だからこそ、優しく、強く生きて行かなければならないんだと実感しました。 気合を入れて観る必要はあると思います。

ミツヲ さん | 松山 | 不明

0
★
★
★
★
★
産まれて初めての経験だった…映画を見終わ...

投稿日:2006/01/28 (土)

産まれて初めての経験だった…映画を見終わり、映画館を出てもずっと閉口だった自分がいた。とてつもなく悲しく、切なく、そして大人の自分が子供達から逆に「生きる事」を教えて貰ったのかも知れない。大人は時として非情…痛感してしまう。

ステさん さん | 東京都 | 不明

1

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド