この商品の関連特集

Blu-ray Disc

宇宙戦争 4K Ultra HD+ブルーレイ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PJXF1357
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
シリーズ
:

内容詳細

地球最期の日―人類は試される、その愛と勇気を…。
H・G・ウェルズ原作の古典SF映画をスピルバーグ×トム・クルーズでリメイクした超大作が4K ULTRA HD+Blu-rayセットで登場!

・4K:ブルーレイの4倍を誇る超高解像度!
・HDR:高輝度、広色域、映像の明暗差をリアルに表現!
・よりリアルで本格的な3Dサラウンドオーディオ体験!

<4K Ultra HD+ブルーレイ仕様>
製作年・製作国  2006年 アメリカ
収録時間  116分
DVDレイヤー  片面2層2枚組
カラー  カラー
パッケージサイズ  BD用トール
画面サイズ  スコープ・サイズ
画面アスペクト  16:9
リージョン  AL
商品仕様(字幕)  1:英 2:日
音声  1: 英 Dolby Atmos 2: 日 5.1ch Dolby Digital

<特典>
【ブルーレイ特典映像】
●再び、宇宙人襲来
●H・G・ウェルズの遺産
●スティーブン・スピルバーグと最初の「宇宙戦争」
●登場人物:家族たち
●プレヴィジュアライゼーション
●制作日記:東海岸-初期-
●制作日記:東海岸-流浪-
●制作日記:西海岸-破壊-
●制作日記:西海岸-戦争-
●外敵をデザインする:トライポッドとエイリアン
●「宇宙戦争」の曲作り
●“私たちは孤独ではない”
●ギャラリー(静止画80枚)
●劇場用予告編(HD)

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<スタッフ>
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ジョシュ・フリードマン/デビッド・コープ
原作:H・G・ウェルズ
制作:キャスリーン・ケネディ/コリン・ウィルソン
制作総指揮:ポーラ・ワグナー
撮影:ヤヌス・カミンスキー
プロダクション・デザイナー:リック・カーター
編集:マイケル・カーン
衣装デザイン:ジョアンナ・ジョンストン
音楽:ジョン・ウィリアムス
シニア視覚効果スーパーバイザー:デニス・ミューレン
●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:岸田恵子
●吹替演出:三好慶一郎

<キャスト>
レイ・フェリアー…トム・クルーズ(森川智之)
レイチェル…ダコタ・ファニング(三村ゆうな)
オグルビー…ティム・ロビンス(てらそままさき)
メリーアン…ミランダ・オットー(本田貴子)
ロビー…ジャスティン・チャットウィン(野島健児)
ナレーション…モーガン・フリーマン(津嘉山正種)

<ストーリー>
H・G・ウェルズの古典的SFスリラーの現代バージョンである本作は、人類の未来を懸けたケタはずれの闘いを、あるアメリカ人家族の目を通して描く。行く手にある物全てを殲滅する異星人の殺人マシーン“トライポッド”の大群から逃れ、家族と共に安全な場所への逃避行を試みるレイ・フェリアー。
「宇宙戦争」は壮大な特殊効果に彩られた、アクション満載のアドベンチャーだ!

劇場公開:2005年6月29日

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
© 2005, 2020 by DW Studios L.L.C. and Paramount Pictures.

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
★
★
★
もともと地中に埋まっていたという斬新な発...

投稿日:2015/01/31 (土)

もともと地中に埋まっていたという斬新な発想で描かれるもの作品。よくぞ助かった。もう死んでしまうという危機的な状況でも、娘と息子を助けようと必死になる様子は現代の父親の姿にも似ている。よく怪物が死んだものだと、感心しているのですが、もともと地球には無限の生物がいてその生物が守っている。人類はこの生物を殺してはいけない。温暖化にしてはいけない。

desu1223 さん | 岐阜県 | 不明

0
★
★
★
★
★
傑作だと思う。ウエルズの古典を今作ろうと...

投稿日:2011/06/20 (月)

傑作だと思う。ウエルズの古典を今作ろうとしたときに、どういうアプローチをしようか?古典の宇宙人侵略映画を今作る必然性はあるのか? これはスピルバーグの9・11映画であると思う。古典のストーリーを借りて9・11を目撃した時代人の一人として、その心象風景を描いた映画だ。映画は、ラスト、原作通り天の配剤と言うべき奇跡によって地球人は救われる。ウエルズ自身この絶対的に強大な敵をどう撃退したものか?悩んだことだろう。結果、すがったのは神の奇跡で、馬鹿馬鹿しいハッピーエンドといえばその通りだろう。このオチを無邪気に喜べる現代人はまずいないだろう。それは我々が9・11後のストーリーのまだ途中にいるからだ。

フィルモ さん | 新潟県 | 不明

1
★
☆
☆
☆
☆
ウェルズの原作に忠実であるのは解りますが...

投稿日:2010/07/31 (土)

ウェルズの原作に忠実であるのは解りますが、これはある意味ひいてしまう人も多いはず。壮大なテーマのもとで練られた設定や脚本なのでしょうけど、コメディを観ているような失笑が漏れ聞こえてきそうです。

サニーデイズ さん | 千葉県 | 不明

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品