Blu-ray Disc

天使と悪魔 スペシャル・エディション

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRS47404
組み枚数
:
2
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
ビスタサイズ, スペシャルエディション, 2009

商品説明

新たな歴史の謎が暴かれる-------。

『ダ・ヴィンチ・コード』の続編!タイムリミット殺人ゲームに挑むミステリー・アクション超大作『天使と悪魔』が、登場!!

内容詳細

カトリック教会の新しい教皇を選出するコンクラーベの開催が迫るヴァチカンで、候補者の枢機卿たちが誘拐される。犯人はスイスの研究所から恐るべき破壊力を持つ“反物質”を盗み出し、ヴァチカンの爆破をも企てていた。宗教象徴学者のラングドン教授は、ヴァチカンの依頼を受けてこの事件の調査を開始。教会に迫害された科学者たちが創設した秘密結社イルミナティとの関連性に気づいた彼は、美人科学者ヴィットリアの協力を得て、謎に満ちた事件の真相を追うが―!?


★脚本ができるまで
★撮影の軌跡
★Cinechat(インストラクションビデオ付き)(BDのみ収録)
★予告編集
★BD-LIVE


★アンビグラム 制作秘話
★物語に登場する小道具
★真実を求める登場人物たち(BDのみ収録)
★セルン:人知の限界に迫る(BDのみ収録)
★ローマは一日にして成らず(BDのみ収録)
★“啓示の道”:インタラクティブ・マップ(インストラクションビデオ付き)(BDのみ収録)

前作に引き続き主演トム・ハンクス、監督ロン・ハワードのコンビでおくる『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの第2弾。教皇選挙が行なわれるヴァチカンを舞台に、宗教と科学の数百年にわたる対立の歴史が招いた恐るべき陰謀に隠された謎に迫る。(CDジャーナル データベースより)

収録内容   

ディスク   1

  • 天使と悪魔
  • 脚本ができるまで
  • 撮影の軌跡
  • 予告編集
  • CineChat(インストラクションビデオ付き)
  • BD-LIVE

ディスク   2

  • 天使と悪魔【エクステンデッド版】
  • アンビグラム制作秘話
  • 物語に登場する小道具
  • 真実を求める登場人物
  • セルン:人知の限界に迫る
  • ローマは一日にして成らず
  • “啓示の道"インタラクティブ・マップ(インストラクションビデオ付き)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いいですね〜。超楽しかったですよ。すぐに...

投稿日:2009/11/14 (土)

いいですね〜。超楽しかったですよ。すぐにDVD&BD専用棚のお気に入りの段に入れました。

KULALA さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ロン・ハワード×トム・ハンクスのタッグは...

投稿日:2009/10/26 (月)

ロン・ハワード×トム・ハンクスのタッグはやはり素晴らしいですね。名作製造機ですね。原作は「ダヴィンチ・コード」よりも面白い作品なので期待して観ましたが、良い意味で期待を裏切ってくれています。これに関しては、前作と同様ですね。この作品は、前作よりも派手な演出が多く感じました。舞台と音楽と宗教と科学という難しい題材のオンパレードを飽きさせること無くグイグイ引き込む脚本も素晴らしい。なにより、ヴァチカンの美しさにも眼を奪われる作品です。

メタリック さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
☆
 まず難点から言うと やはり話の展開が早...

投稿日:2009/09/07 (月)

 まず難点から言うと やはり話の展開が早過ぎる。一つ一つの謎解きに「コク」がなく とにかく走り回っているという印象が強い。 これを見ていてローマでは車を運転したくないと強く思ったが これはローマにとってはアンフェアーかもしれない。  それでも面白く鑑賞できたのは やはりキリスト教という圧倒的な文化の重みである。これがただの 連続殺人事件+爆弾テロだけの話しであったら B級作品に終わっているだろう。そこに背景としてキリスト教の歴史と現在を持ってきただけで このように雰囲気が出るということはそもそも凄いことだ。  カトリックではない僕として この映画を見ていて掴み切れていない部分が必ずあるということだと思う。例えば「悪魔」という言葉を一つ考えても 感じる恐怖感は キリスト文化圏の方とは違っているはずだ。その意味では 大多数の日本人にとって この作品を深く理解することは本来 難しい。  但し 冒頭言った通り 深く考える「時間」がないことも確かだ。この映画を見て ローマに 行きたいと思えれば 取りあえず それで収穫だろう。僕は大いに行きたくなった。

くにたち蟄居日記 さん | INDONESIA | 不明

2

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド