Blu-ray Disc

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん Blu-ray

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VPXT71780
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
初回限定盤
脚本
:
声優 / 声の出演
:

内容詳細

累計アクセス数1,000万を超える大人気ブログ
書籍、ドラマ化もされた感動の実話が、待望の映画化!!

<イントロダクション>
「あの頃のように、父と会話がしたい、父のことをもっと知りたい」
そんな想いから始まった≪光のお父さん計画≫

累計アクセス数1,000万を超える大人気ブログ
書籍、ドラマ化もされた感動の実話が、待望の映画化!!

誰にでも覚えのある、親子のすれ違い。なんとかお互いの本音を語り合うことが出来たなら――そんな願いは、きっとみんな同じはず。でも、ある青年が考えた<父との絆を取り戻す計画>は、とんでもなくユニークだった!!そして、その計画を日記としてブログに連載、たちまち人気を集めて累計アクセス数は1,000万を超え、連載最終回がYahoo!ニュースで取り上げられるほどの話題となった。SNSで爆発的に広がった熱い支持の声により、ネットの世界を飛び出して書籍化が実現、さらにテレビドラマ化もされた感動の実話が、ついに映画化――!!

<Blu-ray仕様>
2019年日本
Blu-ray(2枚組・本編114分+特典映像)
片面2層/カラー/16:9 /
音声:
1.日本語DTS-HD Master Audio 5.1ch
2.日本語リニアPCM 2.0ch/NTSC日本市場向/
バリアフリー日本語字幕

<特典>
【映像特典】
メイキング、Maidyのthis isエオルゼアパート、カウントダウン映像、舞台挨拶集、
予告編&スポットほか

【封入特典】
ブックレット

【音声特典】
野口照夫監督・山本清史監督・ファイナルファンタジーXIVプロデューサー兼ディレクター吉田直樹氏によるスペシャルオーディオコメンタリー(映画本編)

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<スタッフ>
監督:野口照夫
監督(エオルゼアパート):山本清史
脚本:吹原幸太
原作:「一撃確殺SS日記」(マイディー)/ファイナルファンタジーXIV(スクウェア・エニックス)
製作:ギャンビット MBS ギャガ VAP スクウェア・エニックス ホリプロ 博報堂
 あまた ダブル・フィールド
配給:GAGA

主題歌:
GLAY「COLORS」(LSG)

挿入歌:
THE BEAT GARDEN「スタートボタン」(ユニバーサル シグマ)

<キャスト>
坂口健太郎 吉田鋼太郎
佐久間由衣 山本舞香
前原 滉 今泉佑唯 野々村はなの
和田正人 山田純大 / 佐藤隆太 財前直見

声の出演:
南條愛乃 寿 美菜子 悠木 碧

<ストーリー>
「この人が死んだ時、僕は泣いたりするんだろうか」――父親の背中を見ながら、心の中で呟くアキオ(坂口健太郎)。広告代理店に勤めるアキオは、ずっと単身赴任中たっだ父の暁(吉田鋼太郎)のことを何も知らない。そもそもアキオが子供の頃から、典型的な仕事人間の父はいつも出張ばかりだった。たまに家にいる時も、ムスッと押し黙ってテレビを睨んでいる。そんな父が、突然会社を辞めて、家へ戻って来た。何があったのか一切語らない父に、母の由起子(財前直見)も妹の美樹(山本舞香)も困惑するばかり。
父のことが知りたい、そう思ったアキオは、ある計画を閃く。すっかり忘れていたが、父と遊んだ思い出が一つだけあった。かつてゲーム「ファイナルファンタジーIII」で一緒に戦ったのだ。アキオは今自分がプレイしているオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に父を誘い、正体を隠して共に冒険へ出ようと考える。アキオは顔も本名も知らないからこそ、本音で語り合えるゲーム仲間たちに協力を依頼する。
  さっそく、退職祝いの名目で、父にゲームソフトをプレゼントするアキオ。父は自分の“光の戦士”に、“インディ・ジョーンズ”と名付けてゲームを始める。父に気付かれないように、自室のパソコンから参加するアキオの名前は“マイディー”だ。数日後、思い切って“インディ”にフレンド申請してからは、父のもう一つの顔に驚くばかりのアキオだった。最初こそ、言葉づかいも硬かったが、仲間と共に戦ううちに、「一人で冒険するより皆さんと一緒の方がずっと楽しいです!」と、オンラインゲームの素晴らしさに目覚めたのだ。
 そんな中、先輩の吉井(佐藤隆太)と重大なコンペに参加することになり、アキオを慕う同僚の里美(佐久間由衣)が心配するほど、急に仕事が忙しくなるアキオ。ある夜、久々にログインすると、父はすっかりこの世界を楽しみ、アキオが「これ、本当に父さんだよな?」と呆然するほどはしゃいでいた。協力して強敵を倒し、また一歩心の距離が縮まった“インディ”に、“マイディー”は仕事で悩んでいることを打ち明ける。すると“インディ”は、自分の経験から的確なアドバイスをくれる。その言葉を活かしたアキオは、見事仕事を獲得するのだった。
 仲間たちと、さらに胸躍る冒険へと突き進む父とアキオ。「もっと、感動したいです」とコメントする“インディ”に“マイディー”は最強の敵への挑戦をもちかける。アキオはこの勝負に勝ったら、自分の正体を明かすと決めていた。だが、約束の金曜日の21時、思いもかけない出来事が二人を待ち受けていた――。

劇場公開:2019年6月21日(G)

発売・販売元:バップ
©2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
©マイディー/スクウェア・エニックス

ある青年が父との絆を取り戻すために思いついたのは、『ファイナルファンタジーXIV』を通じて、正体を隠してともに冒険することだった……。驚きの実話ブログを、坂口健太郎、吉田鋼太郎の共演で映画化した感動作。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品