Blu-ray Disc

ラ・ジュテ デジタル修復版

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DAXA5279
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
監督
:

内容詳細

押井守監督の原点でもある、カルト的人気の近未来SF短編が、2017年新録音の大塚明夫による日本語ナレーション付きで初Blu-ray化!

◆フランスの伝説的 映画・映像・メディア作家クリス・マルケルの代表作が高画質・高音質で初Blu-ray化!
後にテリー・ギリアム監督の『12モンキーズ』(1995)の原案となったことでも知られる本作。このBlu-rayは2013年にオリジナル・ネガからデジタル修復されたマスターを使用、先行して米でリリースされていたクライテリオン版よりも美しい画質、音質で楽しめる!

◆日本語吹替版をBlu-rayのために新録音。ナレーターは『攻殻機動隊』『イノセンス』のバトー役でおなじみ大塚明夫!

◆『ラ・ジュテ』に出会わなかったら、映画監督にはなってなかった」ーーこの作品の「呪い」が未だに解けないという押井守監督の語り下ろしインタビューを掲載! さらに東京国立近代美術館フィルムセンター主任研究員で昨年の著書「映画という《物体X》フィルム・アーカイブの眼で見た映画」が《キネマ旬報 映画本大賞2016
》で第1位に輝いた岡田秀則氏の解説原稿も含めた、20ページ濃厚ブックレット封入!

◆映像はMGVC採用、音声はもちろんオノ セイゲンによるマスタリング!

■音声:1.フランス語(リニアPCM 48KHZ/24bit) モノラル2.0ch 2.英語(リニアPCM 48KHZ/24bit)
モノラル2.0ch 3.日本語(リニアPCM 48KHZ/24bit) モノラル2.0ch
■字幕:1.フランス語用字幕 2.フランス語用シネマフォント縦書き字幕 3.英語用字幕
■本編分数:28分
■ディスクタイプ:1層ディスク
■色:モノクロ
■製作年/国:1962年フランス

【封入特典】
・ブックレット(20p)

※仕様およびデザインは変更になる場合がございます。

<ストーリー>

第三次世界大戦後の廃墟と化したパリ。放射能によって地上は汚染され、支配者たちは“過去”と“未来”に救済を求めた。彼らは地下世界に生きる捕虜の中から主人公を選び、危険な実験で彼を過去に送り込もうとする。少年時代に空港の送迎台(=ラ・ジュテ)で見た女のイメージの虜となっているこの男ならば、実験に耐えうると判断されたのだ。果たして、過去に送り込まれた男は女と再会するが……。

<スタッフ>
監督・脚本・撮影: クリス・マルケル
音楽:トレヴァー・ダンカン
製作:アナトール・ドーマン

<キャスト>
エレーヌ・シャトラン
ダヴォ・アニシュ
ジャック・ルドゥー

<映画賞>
1963年 トリエステSF国際映画祭グランプリ受賞
1963年 ジャン・ヴィゴ賞(短編部門)受賞

© 1963 Argos Films

ギリアムの『12モンキーズ』の原案として知られる作品をHDニューマスター版でリリース。スチールとナレーションだけで構成されているにも関わらず、そのスケールの大きさには圧倒されっぱなし。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品