DVD

ライト/オフ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1000647779
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
DVD

内容詳細

1億5000万回再生された恐怖映像、映画化!
電気を消したら“それ”は来るー『ソウ』『死霊館』監督が贈る《究極の恐怖体験》​

1億5000万回再生された恐怖映像を『ソウ』、『死霊館』のジェイムズ・ワンがプロデュースした『ライト/オフ』。
2013年、動画サイトに公開されるやそのあまりの怖さに「2度と電気を消して眠れない!」等のコメントが溢れ返った一本の恐怖映像。まだ無名だったデヴィット・F・サンドバーグ監督がアップしたその映像、『Lights Out』は、1億5000万回再生という前人未到の記録を打ち立て、その唯一無二の恐怖と面白さは遂にホラー新時代を切り開いてきたホラーマスター、ジェイムズ・ワンの元に届き、遂には映画化が決定。
「電気を消したら、“それ”は来る。」暗闇に現れる不気味な“何か”に怯える弟を守るため、久しぶりに実家に戻ったレベッカ。沢山のライトを準備して、そこで一晩を過ごす決心をした彼女だったが、一つ、また一つと電気が消えていくその家で、“それ”は暗闇からレベッカたちを狙っていた…。81分間、ノンストップで観る者に襲いかかる《極限の恐怖》。
製作は『ソウ』、『死霊館』を手掛け、近年では『ワイルド・スピード SKY MISSION』の大ヒットが記憶に新しいジェイムズ・ワン。監督はスウェーデン出身のデヴィッド・F・サンドバーグ。ジェイムズ・ワンをして「若き日の俺」といわしめ、大ヒットホラー『アナベル 死霊館の人形』の続編のメガホンを取る事も決まっているホラー界期待の新鋭を、『エルム街の悪夢』、『遊星からの物体X ファーストコンタクト』を手がけたエリック・ハイセラーの脚本が強力に援護。
主人公のレベッカを演じるのは、アメリカの人気ホラー映画『ウォーム・ボディーズ』でゾンビにほれられる美女役を好演、『魔法使いの弟子』、『X−ミッション』など数々の話題作に出演するテリーサ・パーマー。レベッカの年のはなれた弟マーティン役に、ガブリエル・ベイトマン(『アナベル 死霊館の人形』)。
2016年最恐のホラー映画が遂に日本に上陸!

2016年/原題:Lights Out/アメリカ/81分/シネスコ/デジタル/字幕翻訳:小寺陽子/ 配給:ワーナー・ブラザース映画

本編:約 81 分
映像特典:約 13 分
映像特典内容:
未公開シーン集
ディスク仕様:DVD (片面2層)
本編サイズ:スクイーズシネマスコープサイズ/16×9LB
音声:1. ドルビーデジタル 5.1ch:英語 2. ドルビーデジタル 5.1ch:日本語 
字幕翻訳:小寺陽子 
吹替翻訳:小寺陽子

※仕様、特典、ジャケット・デザイン、価格等は都合により予告なく変更する場合がございます。

<スタッフ>
監督:デビッド・F・サンドバーグ
製作:ジェームズ・ワン
脚本:エリック・ハイセラー

<キャスト>
レベッカ … テリーサ・パーマー (潘 めぐみ)
マーティン … ガブリエル・ベイトマン (高橋 玲生)
ポール … ビリー・バーク (志賀 麻登佳)
ブレット … アレクサンダー・ディペルシア (KENN)
ソフィー … マリア・ベロ (冬馬 由美)

<ストーリー>
電気を消したら“それ”は来る
レベッカはある日、離れて暮らす幼い弟から思いもよらない話を聞かされる。「電気を消すと、何かが来る。」
“それ”は一体何なのか?なぜ彼女たちを襲うのか?やがてレベッカたち家族に隠された恐ろしい秘密が明らかになる時、
史上最恐の一夜が幕を開ける―!

© 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

幼い弟から“電気を消すと何かが来る”と奇妙な話を聞かされた姉が、家族に隠された恐怖の秘密を知り、恐ろしい一夜を過ごすことに。動画サイトで合計1億5000万回再生されたという恐怖映像を映画化した最恐ホラー。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品