Blu-ray Disc

プライベート・ライアン [4K ULTRA HD +Blu-rayセット]

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PJXF1165
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
シリーズ
:

内容詳細

製作20周年記念!
スピルバーグ監督×トム・ハンクス主演!
オスカー5部門を受賞した戦争ドラマの金字塔が“4K ULTRA HD”で登場!
新たに4Kリマスターされ、かつドルビー・アトモスを採用した史上最高のフォーマットで、『プライベート・ライアン』が登場!

・4K:ブルーレイの4倍を誇る超高解像度!
・HDR:高輝度、広色域、映像の明暗差をリアルに表現!
・よりリアルで本格的な3Dサラウンドオーディオ体験!

<4K ULTRA HD + Blu-rayセット仕様>
製作年・製作国  アメリカ
収録時間  169分
DVDレイヤー  片面2層2枚組
カラー  カラー
パッケージサイズ  BD用トール
画面サイズ  ビスタ・サイズ
画面アスペクト  16:9
リージョン  リージョンA
商品仕様(字幕)  1:英 2:日
音声  1: 英 Dolby Atmos 2: 英 5.1ch Dolby Digital 3: 日 5.1ch Dolby Digital

※内容・仕様などは変更する可能性もございます。あらかじめご了承ください。

<スタッフ>
監督:スティーブン・スピルバーグ
製作:スティーブン・スピルバーグ/イアン・ブライス/マーク・ゴードン/ゲイリー・レヴィンソーン
脚本:ロバート・ロダット
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムス
美術:トム・サンダース
録音:ランス・ブラウン
編集:マイケル・カーン
●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:岸田恵子
●吹替演出:伊達康将

<キャスト>
ジョン・H・ミラー大尉…トム・ハンクス(江原正士)
マイケル・ホーヴァス軍曹…トム・サイズモア(塩屋浩三)
リチャード・ライベン二等兵…エドワード・バーンズ(後藤 敦)
ダニエル・ジャクソン二等兵…バリー・ペッパー(堀内賢雄)
スタンリー・メリッシュ二等兵…アダム・ゴールドバーグ(樫井笙人)
エイドリアン・カパーゾ二等兵…ヴィン・ディーゼル(山野井仁)
ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵…マット・デイモン(平田広明)

<ストーリー>
アメリカ軍兵士の目をとおして語られる物語は、まず第2次世界大戦の歴史的D-デイ侵攻作戦から始まる。そして上陸してからは、今度は兵士たちの危険極まりない特別な任務へと続く。ジョン・ミラー大尉は、ジェームズ・ライアン二等兵を探し出すため、部下とともに敵陣深く浸入する。4人兄弟のライアン二等兵は、ほかの3人の兄弟をすべて戦闘で亡くしたのである。作戦遂行が不可能に思えたとき、兵士たちは命令そのものに疑問を持つ。たった1人の兵士を救うために、なぜ8人もの兵士が命をかけなければならないのか。彼らは戦場の過酷な現実に取り巻かれ、それぞれ自分なりの答えを出す。そして名誉と誠実さと勇気をもって、不確かな未来に打ち勝つ強さを見つけるのである。

メーカー名:NBCユニバーサル・エンターテイメント
TM & © 1998 DREAMWORKS LLC and PARAMOUNT PICTURES and AMBLIN ENTERTAINMENT. ALL RIGHTS RESERVED. © 2018 DW Studios L.L.C. and Paramount Pictures and Amblin Entertainment.

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
18
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
音の臨場感に戦慄した。出来ればちゃんとし...

投稿日:2012/10/08 (月)

音の臨場感に戦慄した。出来ればちゃんとしたサラウンド環境で見て欲しい作品。戦争映画の新たなメルクマールとなった大傑作。

あおQ さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
冒頭の戦闘シーン、顔面蒼白、頭が真っ白に...

投稿日:2011/07/02 (土)

冒頭の戦闘シーン、顔面蒼白、頭が真っ白になった。ここまでのリアリティーが必要なのか?と言う批判は当然あっただろう。過去の戦争を正確に記録しようという作業には当然今の戦争に対する思いも込めているだろう。その作業において、戦争の是非はともかく、とにかく実際どういうものなのか?まずは知ってくれ、という強い思いがあるのではないか。戦争を決定する者が一兵卒と同じ戦場に同じ条件で身を置くことは稀だろう。物語で子どもたちを亡くした母親のため、最後の息子を無事に帰還させるよう命令が出される。命令した者は可哀相な母親に対する善意からだろうが、実際に戦場で命令を受けた兵士たちは「はあ?何寝惚けたこと言ってやがるんだ?」というのが本音ではないだろうか?しかしアメリカは軍規に厳しい国である。命令や戦争の是非など一兵士の意見することではない。しかし戦争の意志はこうして決定されるのだ。だからこそスピルバーグはこれほど執拗に戦場のリアルにこだわったのではないか?まずは、見ろ、と。そして知った上で、考えるがいい。だから我々も目を背けずに、見て、知るべきである。

フィルモ さん | 新潟県 | 不明

1
★
★
★
★
★
これは劇場で見てモヤモヤしてもう一回DVD...

投稿日:2009/08/26 (水)

これは劇場で見てモヤモヤしてもう一回DVDで改めてみたけど。泣けてくる!この作品はミリヲタの僕が観ていた映画で「プラトーン」と並ぶ超名作!百聞は一見にしかず!銃撃戦ヤロウって意気込む奴らには一度は観てもらいたい教本的映画。名作映画間違いなし!戦争する前に見とけ自衛官!

ラビエル さん | 神奈川県 | 不明

2

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド