DVD

パピヨン 特別版

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KIBF4003
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
コピーライト
:
©1973 Cinemotion N.V.
その他
:
期間限定盤, シネスコサイズ/スクイーズ, スペシャルエディション, 1973
追加情報
:
ドキュメンタリー“偉大なる反逆者”、1982年TV放映・日本語吹替音声収録(約94分)
オリジナル劇場予告編
スチールギャラリー
作品データベース

内容詳細

胸に蝶の刺青があることからパピヨン(フランス語で蝶のこと)と呼ばれる男が、 無実の罪で南米仏領ギアナの監獄に送られて来た。そこでひょんなことから天才的紙幣偽造犯・ドガの命を助け、 2人は無二の親友となる。パピヨンは脱獄不可能とされる絶海の孤島に佇む監獄から何度も脱獄を試みるが失敗、 そのたび過酷な独房生活を強いられるが、 ムカデなどを食べて飢えを克服する。最初は脱獄を夢見ていたドガも遂に観念し、 いつしか諦めるようになっていく。しかしパピヨンは湾内に打ち寄せる波を眺めながら、 脱獄の可能性を見いだし、 ドガの制止を振りきって断崖絶壁から命懸けのダイブをするのだった…。

無実の罪で南米・仏領ギアナの監獄に入れられた男パピヨンが、不屈の精神で何度も脱獄を試み、ついに自由を得る。実話小説を映画化した、時代を超えた男の冒険ロマンとして語り継がれる名作。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この映画には人間として、男として、どう生...

投稿日:2012/06/21 (木)

この映画には人間として、男として、どう生きるべきかを教えられた忘れられない作品です。何度も脱獄し、そのたびに失敗し、まさに地獄のような独房に監禁されても、絶対に信念を曲げず脱獄をし続けるシャリエール。 ここまで追い込まれれば脱獄を諦め、静かに余生をドガのように家庭農園でもしながら送れば独房に監禁されることもなく、安楽に暮らすことを選んでも不思議ではないが、シャリエール(パピヨン)は絶対に諦めない、信念を曲げない。 そこには無実の罪でありながら終身刑を言い渡した裁判所、牽いては世の中の矛盾、「強いものには巻かれろ」的権力に簡単に屈する軟弱な民衆への強い「怒り」の心が何としても「権力に屈してたまるか!」との一心が、たとえゴキブリを食ってでも生き延びて絶対に無実の罪のまま牢獄で死んでたまるか、もし死ぬとしても脱獄に失敗して死ぬか、あの地獄の独房でゴキブリを食いながら野垂れ死ぬことを選んだのだろう。自身の信念を曲げて安楽に生きていくことは生きてはいても死んでいることと同然とシャリエール(パピヨン)は考えたのだろう。 この映画を観ず、もし自分が同じ境遇に置かれたらシャリエール(パピヨン)のような生き方ができるか?できないだろう。しかしこの作品を観た現在はどのようなことがあっても、自身の信念を曲げて権力に屈することは死んでもしないと断言できる。 そしてシャリエール(パピヨン)を演じたマックィーンの鬼気迫る迫真の演技は凄まじいものがあり、「ゲッタウェイ」や「タワーリング・インフェルノ」でのカッコ良過ぎるマックィーンをかなぐり捨てシャリエール(パピヨン)に成り切り、ボロボロになりながらも脱獄をし続ける執念の演技で観る者を圧倒する。ホフマンとの演技力比べが当時話題になったが、ホフマンなど遥かに超えた凄まじい演技だ。 とにかく現在このような作品に堪えうる役者は皆無であるし、このような作品を創る力量のある監督も皆無なので、ぜひご覧頂きたい作品です。観た方それぞれに何かを教えてくれる素晴らしい作品です。 最後にこの作品でのマックィーンの鬼気迫る演技を観て、わざわざユーザー・レヴューに投稿して「笑いを誘う」だの「見る度笑ってしまいます」だのとほざく人間の神経を本当に疑います!!!

拝一刀 さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
パピヨンは、以前見て感動したものの、長い...

投稿日:2011/05/25 (水)

パピヨンは、以前見て感動したものの、長い間廃盤で探していた物が、やっと入手できるようになりました。しかもおまけ付き。スティーヴ・マックィーンの人となりが垣間見れたり、本物のアンリ・シェリエールと収容所の光景が収録されているのがいいですね。実はスティーヴ・マックィーンという名は知っていたものの、パピヨンの主役とは知りませんでした。それに有名なダスティン・ホフマンももう1人の主役で出ているとは。。。そういうことには疎いのですが、内容は永遠に語り継がれるものでしょう。素人が褒めるのは烏滸がましいでしょうが、監督の能力も高いのでしょうね。

Human@TheEarth さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
独房に入れられ、月日が経つに連れ、段々と...

投稿日:2006/06/30 (金)

独房に入れられ、月日が経つに連れ、段々と狂人化していくマックイーンの演技は必見です。笑いを誘っているのかどうか、分かりませんが見る度笑ってしまいます。まぁ見てみて下さいよ。

スチーブ さん | 広島県 | 不明

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品