Blu-ray Disc

テルマエ・ロマエ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TBR22393D
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
通常盤
監督
:
音楽
:

商品説明

古代ローマ帝国の設計技師(風呂専門)の男が浴場のアイデアに悩みまくった挙句に現代日本の銭湯にタイムスリップ!?古代ローマと現代日本を行き来する、抱腹絶倒&空前絶後のタイムスリップ風呂漫画「テルマエ・ロマエ」(月刊コミックビームで連載中)を主演・阿部寛、ヒロイン・上戸彩で奇跡の実写映画化!

原作は、「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」ダブル受賞という快挙を果たした大人気コミック(エンターブレイン刊)。タイトルは「ローマの風呂」の意。4巻までのシリーズ累計発行部数はすでに800万部を突破し、各メディアで話題沸騰の今最も熱いコミック。原作者はイタリア人の夫を持つ気鋭の漫画家・ヤマザキマリ。

主役の古代ローマ人・ルシウスは、この人しかいない!と言っても過言ではない阿部寛。ヒロインの漫画家を目指すキュートな日本人女性・真実(まみ)に上戸彩。

脚本は映画『クローズZERO』ドラマ「電車男」、「花ざかりの君たちへ」の武藤将吾、監督は映画&ドラマ「のだめカンタービレ」ドラマ「電車男」、「神様、もう少しだけ」の武内英樹。映画化にあたり豪華キャスト・スタッフが集結!

さらに、イタリア最大の映画撮影所・チネチッタにある古代ローマの巨大オープンセットでの撮影を敢行するなど壮大なスケールにて制作。誇り高き古代ローマ人設計技師が日本の風呂文化の一つ一つに驚愕し、これまで積み重ねた価値観を根底から覆されたルシウスの一挙手一投足は、ユーモアとウィットに富んで笑えるだけでなく、日本、そして古代ローマの“風呂”文化とは何かという深いテーマも織り込んでいきます。突き抜けた笑いの先に感動がある、壮大でファンタジックなコメディ大作が誕生!

内容詳細

【本編ディスク】
本編108分+特典

【映像特典】&【音声特典】
※ブルーレイ豪華盤の本編ディスクと同内容

ヤマザキマリのベストセラー・コミックを阿部寛主演で実写化。現代日本の銭湯にタイムスリップした古代ローマ帝国の浴場設計技師がその風呂文化に驚愕。ローマでもその文化を再現し、たちまち評判になるが……。時空を超えた“入浴”スペクタクル。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ハッキリ言って、『テルマエ・ロマエ』の原...

投稿日:2013/01/27 (日)

ハッキリ言って、『テルマエ・ロマエ』の原作マンガを見たことはない。しかし、公開前にTVで見た宣伝を見ただけで映画館に観に行こうと決めていた。爆笑出来る映画だった。映画館で笑うことが出来た映画が自宅で見て笑えない場合もあるが、少なくともこの『テルマエ・ロマエ』は笑えた。最低でもクスクスと笑うことは出来るでしょう。お勧めの邦画です。

松田 英人 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
邦画を劇場に観に行ったのは、随分と久しぶ...

投稿日:2012/12/27 (木)

邦画を劇場に観に行ったのは、随分と久しぶり。。。と思いきや、ガンツと海猿シリーズ一個前作品まで観に行ったなぁ。 最近は漫画作品の実写が増えて、どう再現してくれるかが楽しみな感じが多い。 内容は原作の圧倒的勝利が多いのはもう言うまでもないのだけど、ミタニコウキみたいな緩い感じじゃなかったらいいなーと期待しつつ 先に今作品。 後日、原作も読みましたが、原作と映画版とのスライド具合が、ちょうどよくまとまってたと思います。 邦画にしては、かなりの出来栄だえと思う。 個人的にもローマ史が好きだったりするから、この作品でどのように再現した世界を見せてくれるかが楽しみだったし。 更にありがちな話ではなく、手法は古典的であっても、斬新なアイデアとの競合した物語になっていて面白かった。 けっこうな尺の時間だったけど、飽きずに、また前のめりもせずに、じっくり見て楽しめる内容。 ここでの上戸彩はとても最適なキャスティング。なんかこれまでかわいいとも美人とも、特に嫌いでもなかったけど、好感な演技力。 阿部寛はまぁ、これまでの阿部寛的な役柄だから、そうそう目立った演技力はないけど、周りの濃い演技者達の出演で全体的にさらっと諄くない点も由。 ワニってわざわざテロップ出たあたりとか、かなり笑える。 エンディングがどうなるのかなーと思ったら、まぁまぁ、な感じかな。次が出来そうな終わり方。 遠きローマから日本の古風文化の融合な感じも、昔懐かしき銭湯の思い出や、現代の文明力なども観れて 重苦しいほどの日本の善を前に出さずにいる映画としても見やすかった。 さて、今作品から現代の銭湯ではなく、昔ながらの銭湯に行ってみたくなった想いから見つけて行ってきました。 湯!そして、すぐ隣はスターバックス!でお茶! 春に劇場で観た作品であったけど、冬に観る方が親近感がわきそう。 個人的にはお風呂よりも、ローマ帝国の世界観に浸かってる方が心地よい加減だった。続編があればいいね。

Hoppy! さん | 東京都 | 不明

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品