DVD

ジョン・レノンを撃った男

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TMSS087
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
DVD
その他
:
シネスコサイズ, 2007

商品説明

1980年12月8日。ジョン・レノンはオノ・ヨーコと共にスタジオへ向かう途中、ファンの男に差し出された「ダブル・ファンタジー」のジャケットにサインをする。数時間後、この男に5発の銃弾を撃ち込まれ、彼は間もなく死去。犯人の名はマーク・デイヴィッド・チャップマン(25歳)。彼は何を想い、そしてなぜ世界的なスターを殺害したのか。事件当初から様々な報道が飛び交い、チャップマンの本当の姿を知るものは少ない。本作は言動、ロケーションを出来る限り忠実に再現し、観る者と共に、犯人の心の闇とあの日起きてしまった紛れもない「真実」に迫る。

内容詳細

1980年9月。ジョン・レノン殺害事件の3ヶ月前。ハワイ州ホノルルでは頭痛と不眠症に悩まされるひとりの男が行き場を無くしていた。彼の名はマーク・デイヴィッド・チャップマン。彼は同年12月8日に世界的スター、ジョン・レノンを殺害する。チャップマンは未来に対する不安と、愛するもの全てを失う恐怖と、他人に自分の存在を拒絶されることでこみ上げてくる怒りに翻弄されていた。僅かに記憶に残っている恋人との幸せな時間も、現在の落ちぶれた自分にとっては、もはやどうでもよいことだった。殺害の3日前。チャップマンは「ライ麦畑でつかまえて」を抱えてニューヨークへ降り立つ。目的はただひとつ。「ニセモノ」であり続けるジョン・レノンを殺すためだ。「もうすぐ僕のことがニュースになる」。タクシーの運転手にそう言い放ちジョン・レノンの住むダコタ・ハウスへ向かった彼は、これから、長い長い夜を迎えようとしていた…

80年12月8日、ニューヨークのダコタ・ハウス前でジョン・レノンがマーク・デイヴィッド・チャップマンに射殺された。青年がいかにして殺害に至ったか、その詳細を追い、心の闇に迫った衝撃の実録ドラマ。(CDジャーナル データベースより)

収録内容   

  • ジョン・レノンを撃った男

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品