Blu-ray Disc

カムイ外伝: Blu-ray

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SHBR3
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
Squeez, 2009
監督
:
原作
:

商品説明

闘え!生き抜け!最高のキャスト・スタッフが贈る、最大級のアクション・エンタテインメント!!

松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、佐藤浩市、小林薫ら最高のキャスト陣、監督・脚本:崔洋一、脚本:宮藤官九郎をはじめとする極上のスタッフ陣!超豪華メンバーで贈る、最大級のアクション・エンタテインメント!

手塚治虫と並び称される漫画家・白土三平の傑作忍者活劇コミックを実写映画化!自由を求めて忍者の世界を抜け出した“抜け忍”カムイの壮絶な闘いを描く。

俳優陣が極限まで肉体を駆使したアクション、最新VFXで魅せる「変移抜刀霞斬り」など原作ファンにはお馴染みの忍法の数々、そして個性豊かなキャラクターたち。それらをみごとに融合させた、見る者を引き込んでやまないストーリーが展開される!

特典ディスクには、過酷な撮影に挑む松山ケンイチらキャスト陣の姿やオフショット、インタビューなどで構成した見ごたえ十分のメイキング、史上初めて新宿通りにレッドカーペットが登場した“シネ・フェスタ新宿2009”や各舞台挨拶など のイベント映像集を収録!

【漫画『カムイ外伝』とは?】
伝説の漫画家、白土三平の傑作史劇のひとつ。身分の違う3人の少年を主人公に展開する「カムイ伝」の番外編として誕生。「カムイ伝」の累計発行部数は第一部、第二部合わせて1,000万部以上、「カムイ外伝」は320万部を誇り、日本を代表する史上最大の忍者コミックと言っても過言ではない。反差別、反権力などの社会思想が色濃く映し出されている「カムイ伝」に対し、「カムイ外伝」では、抜け忍として逃亡を続けるカムイの内面を深く描いている。本映画は、漫画「カムイ外伝」の内全15回に渡り掲載された「スガルの島」編を原作にとっている。
※発行部数は2008年時点

内容詳細

強靭な意志と剣の腕前を持つ忍者カムイは、真の自由を求め、掟に縛られた忍(しのび)の世界を抜け出した“抜け忍”。しかしそれは、裏切り者として追っ手の“追忍”と闘う運命を背負い続けることであった。

ある日カムイは、時の藩主・水谷軍兵衛の愛馬をある理由から殺した半兵衛という漁師を助け、それを機に半兵衛の家族に迎え入れられる。しかし、半兵衛の妻はカムイと同じく抜け忍であり、かつてカムイがその命を狙った“くの一”スガルであった。彼女はカムイを追っ手と信じて心を許さない。

一方、スガルの娘・サヤカはカムイに恋心を募らせていく。そんな彼女の想いをよそに、スガルはカムイに戦いを挑む。

密告により捕縛された半兵衛の救出、頭の不動率いる謎の鮫退治集団“渡り衆”の出現、そしてサヤカとの淡い恋・・・。

さまざまな出来事の中で、次第に人と触れ合う温かさを知り、穏やかな日々に幸せを感じるカムイ。しかし、追っ手の忍群はすぐそこに迫ってきていた・・・。

【特典映像】
○メイキング・オブ・『カムイ外伝』
キャスト・スタッフすべてが情熱を捧げ、まさに“生き抜いた”撮影の日々。『カムイ外伝』はいかにして、そしていかなる状況で作られたのか?インタビューやオフショットを織り交ぜて贈るスペシャルメイキング

○BEHIND ACTION SEQUENCES 〜アクションの裏側〜
主人公・カムイを演じるために、1年以上におよぶアクション特訓に挑んだ松山ケンイチ。彼が絶大な信頼を置くアクションクルーとの日々に密着する。ワイヤーなどを使わずにまさに“忍者”といえる動きを見せる姿は必見!

○イベント映像集
史上初・東京の新宿通りにレッドカーペットが登場した「シネ・フェスタ新宿2009」の模様をはじめ、キャストの意外な一面も楽しめる各舞台挨拶などを収録した映像集

○特報
○劇場予告篇

※内容・名称は変更になる場合があります
※特典ディスクはDVDです。Blu-rayではありません。

白土三平の同名漫画を松山ケンイチ主演で実写映画化したアクション時代劇。孤独な逃亡の旅を余儀なくされた主人公・カムイの闘いを、最先端技術を駆使した激しいアクション満載で描く。メイキングなどを収めた特典ディスク付き。(CDジャーナル データベースより)

収録内容   

ディスク   1

  • カムイ外伝

ディスク   2

  • メイキング・オブ・『カムイ外伝』
  • BEHIND ACTION SEQUENCES 〜アクションの裏側〜
  • イベント映像集
  • 特報
  • 劇場予告篇

予告編

このアイテムは予告編をご覧いただけます。
予告編 視聴方法は こちら

ユーザーレビュー

総合評価

★
☆
☆
☆
☆

1.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
この映画が公開された2009年に劇場で観まし...

投稿日:2011/10/11 (火)

この映画が公開された2009年に劇場で観ました。 「全然、“カムイ”ではない。」というのがこの映画の感想です。 原作の基のストーリーが変に脚色されてしまっていて、 原作の持つ厳粛かつ美しい世界観のほとんどが失われています。 登場人物の漁師の男が、何故、危険を冒してまでして“殿様の馬の足”を奪ったのか? 何故その馬の足でなければならなかったのか?その理由が この映画では完全に欠落してしまっています。これは致命的なミスです。 他にも意味不明な展開が多く、鑑賞後、かなり気が滅入ってしまいました。 原作の劇画やアニメの『カムイ外伝』は、こんなに気が滅入ってしまう様な 後味の悪い作品ではない筈です。 残念ながら、この実写版映画は、原作とはかけ離れた全くの別物でした。

kgd さん | 所在地 | 不明

1

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド