Blu-ray Disc

エクソシスト 製作40周年記念エディション(3枚組)【初回限定生産】

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1000437167
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
初回限定盤

内容詳細

史上最高のオカルトスリラー
『エクソシスト』製作40周年記念
ディレクターズカット版とオリジナル劇場版に加え、新たな特典映像を収録したボーナスディスク付きの3枚組ブルーレイで発売

本編:DISC1:約132分 DISC2:約122分 映像特典:DISC1:約65分 DISC2:約99分 DISC3:約47分
製作年度:1973年 / 2000年 / 2013年(COLOR )
ディスク:3枚組 (DISC1&2:片面2層 DISC3:片面1層)

■画面:本編:1080p High Definition VC-1 | スタンダードサイズ / ワイドスクリーン混合
■音声:1.オリジナル英語(6.1 DTS-HDMA) 2.日本語(ドルビーデジタル5.1ch) 3.音声解説(2.0ch)
■字幕:1.日本語字幕 2.英語(for the Deaf and Hard of Hearing) 3.日本語吹替用字幕 4.音声解説用字幕

特典…
DISC1:
●今明かされる撮影秘話
●ジョージタウン〜あのロケ地は今〜
●2つのエクソシスト〜秘められたる理由〜
●予告編集&TVスポット集&ラジオ・スポット集
(ラジオ・スポット集は音声のみ)
●オリジナル劇場予告編
●ウィリアム・フリードキン監督による音声解説
DISC2:
●ウィリアム・フリードキン監督によるイントロダクション
●イメージ画とストーリー・ボード
●インタビュー・ギャラリー(オリジナル・カット/天国への階段/最後の審判)
●もうひとつのエンディング
●ドキュメンタリー:フイアー・オブ・ゴッド
●予告編集&TVスポット集
●オリジナル劇場予告編
●ウィリアム・フリードキン監督による音声解説
●ウィリアム・ピーター・ブラッティ(原作/製作)による音声解説
DISC3:
●ウィリアム・ピーター・ブラッティ、始まりの地へ
●悪魔との対話:エクソシズムの真実

【スタッフ】
監督:ウィリアム・フリードキン
製作:ウィリアム・ピーター・ブラッティ
脚本:ウィリアム・ピーター・ブラッティ
原作:ウィリアム・ピーター・ブラッティ
製作総指揮:ノエル・マーシャル
字幕翻訳:高瀬鎮夫 SDI
吹替翻訳:久保喜昭 佐藤一公

【キャスト】
クリス…エレン・バースティン(竹村叔子 藤田淑子)
リーガン…リンダ・ブレア(柚木涼香 かないみか)
カラス神父…ジェーソン・ミラー(菅生隆之 てらそままさき)
メリン神父…マックス・フォン・シドー(石森達幸 久米 明)

【ストーリー】
封切られるや大反響を呼び、絶大な支持を得た『エクソシスト』。後の映画に多大な影響を及ぼしたオカルト映画の最高峰は、今観ても独特の禍々しさを湛えている。悪霊に取り憑かれたあどけない少女、少女を必死に救おうとする母親、そして究極の悪と戦いながらも、かたや半信半疑、かたや不動の信念を持つ2人の神父を描いた、恐ろしくもリアリティー溢れる物語は、常に観る者の度肝を抜いてきた。ディレクターズカット版は、監督のウィリアム・フリードキンと製作/脚本のウィリアム・ピーター・ブラッティが、1973年公開時にはカットされた10分以上の未公開映像を加えて再編集したもので、出演者たちの鬼気迫る演技のインパクトがさらに増し、観客は作品世界へより引き込まれることになる。一大オカルトブームを巻き起こした『エクソシスト』。他の映画では味わえない究極の恐怖を堪能できる、史上最高のオカルトスリラー。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
「エクソシスト」は聞いた事はありましたが映画を観...

投稿日:2013/09/29 (日)

「エクソシスト」は聞いた事はありましたが映画を観た事が無く、数日前、初めて観ました。 前置きが長く、最後が呆気なく終わってしまい、 「何これ??これだけ??」 と思ってしまいました。 少女が段々取り憑かれて行く流れ、悪魔払いの場面は、不気味さが有り良かったのですが・・・・物足りなく感じました。 話題になっていたブリッジで階段を降りてくる場面、頭が回転する場面も悪くはないのですが、今一つ物足りなく感じました。(特に、ブリッジは時間が短すぎ) 特典映像の裏話は興味深く、これを観た後にもう一度本編を観ると、段々と見入り、楽しめました。 今では、お気に入りの映画です。 そして、日本語字幕で観ていたら驚きの発見!! ある場面でブラック・メタル・バンド「MARDUK」のデモEP「FUCK ME JESUS」に収録の「FUCK ME JESUS」と同じ音声が聞こえ、CDと聞き比べたら全く同じ。 これを発見した時は笑ってしまいました。(笑) (悪魔繋がりでここから頂戴したのかな?) 「MARDUK」というバンドを知らない方は笑えないネタでしょうが・・・・ かなり聞き手を選ぶ音楽ですが、彼等の作品を聴いてもらいたいです。 余談になってしまいましたが、話題になっただけの事はあるなぁ〜と思いました。

ほがね さん | 不明 | 不明

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド