この商品の関連特集

DVD

この道 豪華版 DVD

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TCED4651
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
DVD
監督
:
音楽
:

内容詳細

北原白秋、山田耕筰
今、二人が生きていたらー
どんな歌がうまれるだろう!?

■大森南朋×AKIRA(EXILE)W主演作!
日本映画に欠かせない存在である大森南明と、持前の身体能力の高さで難役を演じるAKIRAが魂の競演。
童謡誕生100年を迎えた今、稀代の詩人、北原白秋とエリート音楽家山田耕筰の出会いを描く熱いバディー・ストーリーは必見!

■主題歌「この道」をEXILEのATSUSHIが担当!
本人としては童謡唱歌のカヴァー3曲目で映画の主題歌として童謡唱歌を歌うのは初の試みになるが
見事「この道」を歌い上げ、見る者の魂を揺さぶる!

■北原白秋と山田耕筰の出会いを描く心揺さぶる感動作!
実はトンデモない甘ったれで女たらしだった北原白秋と山田耕筰との出会いから、名曲「この道」ができるまでを
ドラマチックに描いた感動作!

【作品内容】
自由奔放な天才詩人・北原白秋と、西洋音楽を日本に導入した秀才音楽家・山田耕筰。この二人の友情から日本の「歌」が生まれた。もし彼らが居なかったら、日本の音楽シーンは全く違っていたかもしれない。童謡誕生100年を迎え、白秋の波乱に満ちた半生を、耕筰との友情とともに、笑いと涙で描き出す映画『この道』。今、日本歌謡誕生の瞬間に立ち会うことができる。

<DVD仕様>
2019年/日本/カラー/本編105分+特典映像93分/3枚組(本編+特典DISC+特典CD)
【本編】16:9ビスタ/片面2層/音声:ドルビーデジタル5.1chサラウンド

<特典>
【特典映像】
■クランクアップ報告会見
■完成披露舞台挨拶
■公開記念舞台挨拶
■大ヒット御礼舞台挨拶
■北原白秋生誕地「柳川」巡礼
■メイキング
■スペシャルメイキング〜♪童謡「この道」〜
■スペシャルメイキング〜♪童謡「からたちの花」〜

【封入特典】
ブックレット

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<スタッフ>
監督:佐々部清
脚本:坂口理子
音楽:和田薫
エグゼクティブ・プロデューサー:間瀬泰宏
主題歌:EXILE ATSUSHI 「この道」(rhythm zone)
製作:映画「この道」製作委員会

<キャスト>
大森南朋 AKIRA
貫地谷しほり 松本若菜 小島藤子
由紀さおり 安田祥子 津田寛治 升 毅
稲葉 友 伊嵜充則 佐々木一平
柳沢慎吾 羽田美智子 松重 豊

<ストーリー>
昭和27年(1952年)、神奈川県小田原市で、「北原白秋 没後十周年記念コンサート」が開かれ、白秋が作詩した童謡「この道」が、少女合唱隊とオーケストラによって演奏される。指揮をするのは、この曲を作曲した山田耕筰(AKIRA)だ。コンサート終了後、若い女性記者(小島藤子)から白秋がどんな人物だったのか尋ねられ、耕筰は二人の出会いと交流を回想する。
 明治43年(1910年)初夏。詩人の北原白秋(大森南朋)は、隣家の人妻である俊子(松本若菜)に夢中になっている。与謝野晶子(羽田美智子)から諭されても、「かわいそうな女の人が隣にいたら、放っておくわけにいかないでしょう?」と開き直る始末だ。
 明治44年(1911年)初夏。「邪宗門」に続く白秋の第二詩集「思ひ出」の出版記念会が盛大に開催され、与謝野鉄幹(松重豊)、高村光太郎(伊嵜允則)、萩原朔太郎(佐々木一平)らに祝福される。郷愁に満ちた作風が高く評価され、一躍人気詩人となった白秋は得意の絶頂にいた。だが、大正元年(1912年)夏、白秋と俊子は、俊子の夫から姦通罪で告訴され、逮捕されてしまう。このスキャンダルで白秋の名声は一気に墜ちてしまった。
 大正7年(1918年)に鈴木三重吉(柳沢慎吾)が「赤い鳥」を創刊。白秋はこの児童文芸誌を舞台にさまざまな童謡を発表し、新境地を切り開いた。三重吉の仲介で山田耕筰と出会った白秋。一度はけんか別れしたが、大正12年(1923年)の関東大震災後、「僕の音楽と君の詩とで、傷ついた人々の心を癒やす歌がきっとできるはずだ」という耕筰の言葉で、二人は意気投合する。
 大正14年(1925年)、日本初のラジオ放送で、白秋作詩、耕筰作曲の「からたちの花」が演奏された。「からたちの花」に続いて発表された「この道」も大評判となり、白秋、耕筰コンビの人気はますます高まった。

劇場公開:2019年1月11日(G)

発売元:LDH JAPAN
販売元:TCエンタテインメント
©2019映画「この道」製作委員会

詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を、音楽家・山田耕筰との友情とともに描いた映画。自由奔放な白秋と生真面目な耕筰。児童文学誌『赤い鳥』を発刊した鈴木三重吉は性格も生き方も異なるこの二人に、童謡創作の白羽の矢を立てる。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド