DVD

おもかげ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BIBF3466
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
DVD
キャスト
:

内容詳細

悲しみの果てに辿り着けたら―――

<イントロダクション>
2019年アカデミー賞にノミネートされた緊迫感あふれるワンカットの短編作品を冒頭に〈その先〉を描く。我が子をなくした失意から立ち直り、 新たな一歩を踏み出そうとする一人の女性の希望と再生の旅。

★2019年アカデミー賞®にノミネートされた緊迫感あふれるワンカットの短編作品の〈その先〉を描いた、誰も予測できないミステリアスな物語!
★第76回ヴェネチア映画祭 オリゾンティ部門出品!主演のマルタ・ニエトが女優賞受賞!
★スペインで【最注目】の監督、新鋭ロドリゴ・ソロゴイェン監督作品!

【解説】
本作は、『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』(2016)で高い評価を受けたスペインの新鋭ロドリゴ・ソロゴイェン監督の5作目の長編映画。2017年に製作した約18分の短編映画「Madre」をベースに、幼い息子を失ったひとりの女性の希望と再生の旅路を描く。短編映画「Madre」は、第91回アカデミー賞®短編実写映画賞にノミネートされたほか、世界各国の映画祭で50以上もの賞を受賞。本作『おもかげ』では、その緊迫感あふれるワンシーンの短編を映画のオープニングシーンとして採用し、息子を失った女性エレナの〈その先〉の物語を描いていく。『おもかげ』は2019年の第76回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門に選出され、主人公エレナを演じたマルタ・ニエトが女優賞を受賞したほか、スペインで4つもの主演女優賞を獲得。
エレナの息子の面影をまとう少年ジャンを、『マーヴィン、あるいは素晴らしい教育』(2017)のジュール・ポリエが、エレナの理解者であろうとする恋人ヨセバを、『ローマ法王になる日まで』(2015)のアレックス・ブレンデミュールが演じている。『おもかげ』は事件の解決という期待されがちな結末にとどめず、痛みと共に生き、暗闇から光へ、死から生へ、罪悪感から赦しへ、そして恐怖から愛へと、少しずつ歩み始める、エレナの再生の旅といえる。

<DVD仕様>
2019年スペイン/フランス/16:9LB スコープサイズ/カラー/129分/片面2層/1枚組/
音声:スペイン語・フランス語 ドルビーデジタル 5.1chサラウンド
字幕:日本語字幕

<特典>
【映像特典】
・メイキング
・監督 ロドリゴ・ソロゴイェン インタビュー
・共同脚本 ロドリゴ・ソロゴイェン & イサベル・ペーニャ 対談
・編集 アルベルト・デル・カンポ インタビュー
・削除シーン集
・予告集

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

<スタッフ>
監督・脚本:ロドリゴ・ソロゴイェン
共同脚本:イサベル・ペーニャ
撮影:アレックス・デ・パブロ
製作:マリア・デル・プイ・アルバラド

<キャスト>
マルタ・ニエト
ジュール・ポリエ
アレックス・ブレンデミュール
アンヌ・コンシニ
フレデリック・ピエロ

<ストーリー>
エレナは離婚した元夫と旅行中の6歳の息子から「パパが戻ってこない」という電話を受ける。ひと気のないフランスの海辺から掛かってきた電話が、息子の声を聞いた最後だった。10年後、エレナはその海辺のレストランで働いていた。ある日、息子の面影を宿したフランス人の少年ジャンと出会う。エレナを慕うジャンは彼女の元を頻繁に訪れるようになるが、そんな2人の関係は、周囲に混乱と戸惑いをもたらしていった――。これは、暗闇から光へ、死から生へ、罪悪感から赦しへ、そして恐怖から愛へと少しずつ歩み始める、ひとりの女性の再生の物語。

劇場公開:2020年10月23日(PG12)

発売・販売元:株式会社ハピネット
©Manolo Pavón

スペインの新鋭ロドリゴ・ソロゴイェン監督の5作目となる長編映画。2017年に制作した約18分の短編映画を基に、幼い息子を失った女性のその後を描く。死から生へと歩み始める再生のストーリーが胸に染みる。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品