DVD

おっぱいバレー 

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VPBT13991
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
DVD
その他
:
シネスコサイズ/スクイーズ, 2009
監督
:
音楽
:
原作
:

商品説明

このタイトルでまさかの実話!話題独占の青春小説を感動の映画化!

『おっぱいバレー』という驚きのタイトルからフィクションかと思いきや、これは実話を元にした物語。原作は、脚本家としても活躍する水野宗徳の青春小説。小説発売時、タイトルのインパクトからは想像もできない感動のストーリーに読者から続々と反響の声が届き、映像化が熱望されていた話題作。映画化に際し、時代背景と舞台は変更となったが、原作に流れる感動のエッセンスはそのまま。”おっぱい”のことで頭がいっぱいな思春期の男子中学生たちの愛すべきおバカっぷりを爽快に描きながら、ひとつの目標に一生懸命な美香子先生と彼らの成長の物語へ変わっていく。かわいらしい下心をパワーに繰り広げられる青春に時に笑って、涙して、じんわり胸が熱くなる。

”熱い男たちを撮り続けた羽住”が綾瀬はるかを主演に迎えて初の女性主人公に挑んだ意欲作!

「海猿」シリーズや『逆境ナイン』『銀色のシーズン』など、夢や友情に真っ直ぐな熱い男たちを描いてきた羽住英一郎監督が初の女性主人公に挑んだ作品。「青春に男女の性別も年齢も関係ない」と語る監督が観客の共感を呼ぶヒロイン像を誕生させた。そんなヒロイン”美香子先生”を演じるのは、綾瀬はるか。誰もが気になる彼女の”ナイスおっぱい”とキュートなコメディエンヌぶりは必見!また、脇を添えるのは、青木崇高、仲村トオル、光石研、大後寿々花ら。綾瀬はるかの”おっぱい”に憧れる中学生には、オーディションによって選ばれた個性豊かな6人が扮し、勢いあまる青春を体現!

主題歌には、2大ビッグ・ネームによるユニットCaocao!

この映画のために、持田香織(Every Little Thing)と田島貴男(オリジナル・ラヴ)の2人がスペシャル・ユニット〈Caocao〉を結成!映画主題歌であるフィンガー5の名曲“個人授業”をカヴァー。ユニット結成の経緯は、羽住監督が持田に「“個人授業”を歌って欲しい」と依頼、これを受けて持田が田島に声をかけ、コラボレーションが実現!

内容詳細

試合に勝ったらおっぱいを見せてくれる!?

1979年、北九州市の公立中学校。新任教師、美香子は赴任早々、男子バレー部の顧問になった。しかし、部員全員やる気のない弱小チーム。思春期まっさかりで、女性の裸を見ることしか頭にない部員たちに、美香子は優勝したらおっぱいを見せる約束をしてしまう。以来、俄然やる気を出して部活に励むようになり、少しずつ成長を見せる男子バレー部。美香子は、本当におっぱいを見せなければいけないのか?!

舞台は1979年の北九州。弱小男子バレー部の顧問となった新任女性教師と、試合に勝ったらおっぱいを見せるという約束にがぜんやる気を出した少年たちの奮闘を描く。綾瀬はるかが巨乳先生に扮した青春コメディ。(CDジャーナル データベースより)

収録内容   

ディスク   1

  • おっぱいバレー
  • オーディオ・コメンタリー“OPV 爆笑!! 裏トーク" 声の出演 羽住英一郎監督、綾瀬はるか、堀部徹(プロデューサー)、明石直弓(プロデューサー)

ディスク   2

  • 戸畑第三中学校・時間割メニュー仕様による、メイキング・オブ・『おっぱいバレー』
  • ロールナンバー集 (カチンコ映像)
  • 完成披露試写会 (渋谷C.C.レモンホール)
  • 北九州キャンペーン (T・ジョイ リバーウォーク北九州、熊本県湯前町おっぱい祭り)
  • 劇場公開初日舞台挨拶 (MOVIXさいたま〜シネマサンシャイン池袋〜新宿バルト9)
  • 戸畑三中・男子バレー部 禁断のオーディション映像!!
  • 劇場用予告編集
  • テレビ・スポット集
  • 公開初日 日テレ特番「映画おっぱいバレー 笑って泣いて胸いっぱいスペシャル」 DVD EDITION
  • 主題歌「個人授業」Caocao ミュージック・クリップ(映画コラボversion)

予告編

このアイテムは予告編をご覧いただけます。
予告編 視聴方法は こちら

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
陳腐でバカバカしいストーリー展開には呆れ...

投稿日:2011/02/07 (月)

陳腐でバカバカしいストーリー展開には呆れるばかりだが、なぜか最後まで楽しく見れてしまう。BGMからして昭和中期を設定しているのだと思うが、昭和になりきれていない洗練さのようなものが垣間見えて、そこが妙に爽やかに感じるせいなのかもしれない。

エーテルの風 さん | 長野県 | 不明

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト