SHM-CD

Michel Petrucciani

Michel Petrucciani (ミシェル・ペトルチアーニ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCU6150
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

内容詳細

フランスが生んだ名ピアニストがOWLレーベルに遺した人気作。当時まだ18歳だったペトルチアーニだが、若さに任せた勢いだけの演奏ではなく、彼なりのスタンダードの解釈をトリオ演奏で提示している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
メロディックなフレーズ、粒の立った音色。...

投稿日:2011/10/01 (土)

メロディックなフレーズ、粒の立った音色。ジャケットからも分かるように、若いというよりもまだ幼さすら残るpetruccianiの、この先ずっと聴き手を惹き付け続けてくれるその魅力が、すでにこのファーストアルバムから飛び出してくる。他の方も触れられているように録音上の難点(各楽器のバランスや左右のバランスさえも?)は感じられるものの、それを差し引いても何度もトレイに載せたくなる1枚。

optimistk さん | 所在地 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
Petrucciani と共に、今は亡き J.F.Jenny C...

投稿日:2008/06/24 (火)

Petrucciani と共に、今は亡き J.F.Jenny Clark の演奏が聴けて良かったです。3人のバランスが今一だと思います。J.F.Jenny Clark はフリー系の音楽はその崇高な技術もあって最高ですが、いかんせん4ビート系はちょっと弱いです。Joachim Kuhn のトリオでも、スタンダード(イエスタデイズ)では今一でした。この編成は特にドラムが良くないですね。でも、時々、危機感のある、スリルのある演奏で面白いで す。Petrucciani は本当に凄い人ですね!

L.スコット さん | 東京 | 不明

0
★
★
★
★
★
ここではまだスタイルが確立していないが、...

投稿日:2008/03/02 (日)

ここではまだスタイルが確立していないが、その分フレッシュな演奏だ。ここではエヴァンスの影響をとても強く感じさせる。他にもハンコック、チックコリアを吸収したようだ。他楽器をぐいぐいと引っ張っていくところがカッコいい。とても18歳とは思えない。ただ録音はやや落ちる。それだけが残念だが、エヴァンスの後期までついていける人、であればこの盤は勝っておくべきと思う。いつ廃盤になるかわからないので。録音のみマイナスで、90点。

bubyuki さん | tokyo | 不明

0

Michel Petruccianiに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品