CD 輸入盤

クリスタ・ルートヴィヒ/ワーナー・クラシックス・リサイタル録音全集(11CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029569020
組み枚数
:
11
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


クリスタ・ルートヴィヒ/ワーナー・クラシックス・リサイタル録音全集(11CD)

クリスタ・ルートヴィヒは、1928年ベルリン生まれのメゾ・ソプラノ歌手。両親ともに声楽家で母に教えを受け、1946年フランクフルトで『こうもり』のオルロフスキー公爵でデビュー。ハノーファー州立歌劇場などを経て、1955年、カール・べームの招きでウィーン国立歌劇場と契約。『ばらの騎士』や『コジ・ファン・トゥッテ』 でのシュヴァルツコップとの共演が50年代後半のザルツブルク音楽祭での大きな呼び物となりました。
 偉大なるドイツのメゾ・ソプラノ、クリスタ・ルートヴィヒの90歳を記念し、これまで旧EMIへ録音した、リサイタル・アルバムを全てまとめた限定ボックスです。彼女の幅広いレパートリーを収録したものですが、特にドイツ・リート(シューベルト、ブラームス、マーラー)については格別なものがあり、理知的な解釈と完璧な歌唱でこの分野を切り開きました。
 今回の発売にあたり、未発表音源や初CD化音源も収録。全てにおいて、オリジナル・マスターテープより「Art&Son Studio」において24bit/96kHzリマスターが行われております。また各ディスクは、オリジナルジャケットのデザインによる紙ジャケットに封入。(輸入元情報)

【収録情報】

Disc1
シューベルト:
1)『全能の神』 D.852
2)『漁師の歌』 D.881

ブラームス:
3)『愛のまこと』 Op.3-1
4)『サッフォー頌歌』 Op.94-4
5)『5月の歌』 Op.43-2
6)『鍛冶屋』 Op.19-4

ヴォルフ:
7)『ヴァイラの歌』
8)『旅路で』

R.シュトラウス:
9)『夜』 Op.10-3
10)『万霊節』 Op.10-8

マーラー:
11)『私はこの世に捨てられて』
12)『魚に説教するパドヴァのアントニウス』
13)『ラインの伝説』

ヴォルフ:
14)『真夜中に』

シューベルト:
15)『春に』 D.882
16)『バッカス讃歌』 D.801

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 録音:1957年(14,15,16は初出音源)

Disc2
マーラー:
1)『私は緑の野辺を楽しく歩いた』
2)『ハンスとグレーテ』
3)『春の朝』
4)『美しいトランペットの鳴り渡るところ』
5)『歩哨の夜の歌』
6)『いたずらっ子をしつけるために』
7)『私は仄かな香りを吸い込んだ』
8)『美しさゆえに愛するのなら』
9)『真夜中に』
10)『この世の暮らし』
11)『この歌を作ったのは誰?』
12)『高遠なる知性のお褒めの言葉』

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 録音:1959年

Disc3
シューマン:
1-8)『女の愛と生涯』 Op.42

ブラームス:
9)『おお、ジプシーよ』
10)『波高きリマの流れ』
11)『あなたが一番美しいのは』
12)『神さま、あなたはご存じ』
13)『日焼けした若者が踊りに誘う』
14)『赤いばらが三輪並んで』
15)『たびたび心に』
16)『赤い夕焼け雲』
17)『野の寂しさ』
18)『乙女の歌』
19)『セレナード』
20)『乙女の愛』
21)『甲斐なきセレナード』

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 録音:1959年(17〜21は初CD化)

Disc4
シューベルト:
1)『音楽に寄す』 D.547
2)『ミューズの息子』 D.764
3)『ガニュメート』 D.544
4)『水の上で歌う』 D.774
5)『エレンの歌 3(アヴェ・マリア)』 D.839
6)『ます』 D.550
7)『糸を紡ぐグレートヒェン』 D.118
8)『春のおもい』 D.686
9)『死とおとめ』 D.531
10)『笑いと』 D.777
11)『万霊節の日のための連祷』 D.343
12)『魔王』 D.328
13)『夜と夢』 D.827
14)『子守歌』 D.498
15)『夕映えに』 D.799
16)『若い尼僧』 D.828
17)『さすらい人の夜の歌』 D.768

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 ジェフリー・パーソンズ(ピアノ)
 録音:1961年、1965年、1966年(13〜17は初出音源)

Disc5
ベートーヴェン:
1)『接吻』 Op.128
2)『メフィストの第2の歌』 Op.75-3

ハイドン:
3)『怠惰の賛美』

ロッシーニ:
4-6)『ヴェネツィアの競艇』
7)『猫の二重唱』

ブラームス:
8)『どうやってドアを入ったらいいか?)』
9)『ねえママ、欲しいものがあるの』
10)『甲斐なきセレナード』 Op.84-4

レーガー:
11)『一通の手紙を書こう』 Op.76-8
12)『森の孤独』 Op.76-3

R.シュトラウス:
13)『悪天候』 Op.69-5
14)『ああみじめな俺、不幸な男』 Op.21-4

ヴォルフ:
15)『老婆心ながら(いましめに)』
16)『頼み事』
17)『ある結婚式で』
18)『身の上話』
19)『別れ』

パーセル:
20)『トランペットを吹き鳴らせ!』

ヘンデル:
21)歌劇『ジューリオ・チェーザレ』より「Es blaut die Nacht」(ドイツ語歌唱)

グルック:
22)歌劇『オルフェオとエウリディーチェ』より「わたしは貴女を失った」

トラディショナル:
23)『きよしこの夜』

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ:4-13,20-23)
 ヴァルター・ベリー(バス:1-3,7,14-20)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ:1-20)
 ホルスト・シュタイン指揮、ベルリン交響楽団(21,22)
 オーケストラ&少年少女合唱団(23)
 録音:1962年、1965年、1966年](22は初CD化、23は初出音源)

Disc6
ブラームス:
1)『秘めたるあこがれ』 Op.91-1
2)『聖なる子守唄』 Op.91-2

シューベルト:
3)『岩の上の羊飼い』 D.965

ラヴェル:
4-6)『3つのマダガスカル島民の歌』

サン=サーンス:
7)『見えない笛』

ラフマニノフ:
8)『美しい人よ、私のために歌わないで』 Op.4-4
9)『ああ、私の畑よ』 Op.4-5

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 ジェフリー・パーソンズ(ピアノ)
 ジェルヴァーズ・ド・ペイエ(クラリネット:3)
 ダグラス・ウィテカー(フルート:4-7)
 アマリリス・フレミング(チェロ:4-6)
 ハーバート・ダウンズ(ヴィオラ:1-2)
 録音:1965年、1966年

Disc7
ブラームス:
1)『おまえの青い瞳よ』 Op.59-8
2)『永遠の愛について』 Op.43-1
3)『おとめは語る』 Op.107-3
4)『おお、帰り道さえわかれば』 Op.63-8
5)『調べのように私を通り抜ける』 Op.105-1
6)『サッフォー頌歌』 Op.94-4
7)『おとめの歌』 Op.107-5
8)『甲斐なきセレナード』 Op.84-4
9)『5月の歌』 Op.43-2
10)『死は冷たい夜』 Op.96-1
11)『湖上で』 Op.59-2
12)『野の寂しさ』 Op.86-2
13)『静かな夜に』(ドイツ民謡集第42番)
14)『お姉さん、私たちはいつ家に帰るの』(ドイツ民謡集第15番)
15)『私の眠りはますます浅くなり』 Op.105-2
16)『セレナード』 Op.106-1

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 ジェフリー・パーソンズ(ピアノ)
 録音:1969年(6,9は初CD化)

Disc8
ブラームス:
1)『おお、ジプシーよ』
2)『波高きリマの流れ』
3)『あなたが一番美しいのは』
4)『神さま、あなたはご存じ』
5)『日焼けした若者が踊りに誘う』
6)『赤いばらが三輪並んで』
7)『たびたび心に』
8)『赤い夕焼け雲』
9)『死、それは清々しい夜』
10)『私のまどろみはますます浅く』
11)『野の寂しさ』
12)『セレナード』
13)『愛のまこと』
14)『乙女の歌』
15)『サッフォー頌歌』
16)『憩え、いとしい恋人』
17)『5月の歌』
18)『永遠の愛について』

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 レナード・バーンスタイン(ピアノ)
 録音:1972年

Disc9
● マーラー:『さすらう若人の歌』
1) 『いとしいひとがとついでゆくと』
2)『この朝、野原を通ったときに』
3)『ぼくは真赤にやけたナイフを持っている』
4)『ぼくの恋びとの青いふたつの眼が』

● マーラー:『亡き子をしのぶ歌』
5)『いま、はれやかに陽がのぼろうとする』
6)『いま私にはよく判るのだ、何故あんなにも暗い炎を』
7)『おまえの母さんが戸口に入ってきて』
8)『こどもたちはちょっと出かけただけだ』
9)『こんな嵐のときは、こんな荒れた日には』

10) ワーグナー:『ヴェーゼンドンクの5つの歌』より「温室にて」

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 フィルハーモニア管弦楽団
 サー・エードリアン・ボールト(指揮:1-4,10)
 アンドレ・ヴァンデルノート(指揮:5-9)
 録音:1958年(10は初出音源)

Disc10
ワーグナー:
1-5)『ヴェーゼンドンクの5つの歌』
6)『イゾルデの愛の死』

ブラームス:
7)『アルト・ラプソディ』 Op.53

マーラー:
8)『私はこの世に忘れられ』
9)『真夜中に』
10)『うき世の暮らし』
11)『菩提樹の香り』
12)『美しいトランペットの鳴りわたるところ』

レーガー:
13)『希望に』 Op.124

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 フィルハーモニア合唱団(男声:7)
 オットー・クレンペラー指揮、フィルハーモニア管弦楽団(1-12)
 サー・チャールズ・マッケラス指揮、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(13)
 録音:1962年、1964年、1966年(13は初出音源)

Disc11
マーラー:
1-6)『大地の歌』

ベルク
7-9):『7つの初期の歌曲』より「夜」「葦の歌」「夜鳴きうぐいす」

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ:2,4,6-9)
 フリッツ・ヴンダーリヒ(テノール:1,3,5)
 オットー・クレンペラー指揮、フィルハーモニア管弦楽団&ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(1-6)
 サー・チャールズ・マッケラス指揮、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(7-9)
 録音:1964年、1966年、1968年(7-9は初出音源)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Die Allmacht, D. 852
  • 02. Fischerweise, D. 881
  • 03. 6 Songs, Op. 3: I. Liebestreu
  • 04. 5 Lieder, Op. 94: IV. Sapphische Ode
  • 05. 4 Songs, Op. 43: II. Die Mainacht
  • 06. 5 Poems, Op. 19: IV. Der Schmied
  • 07. Mrike-Lieder, Book 4: No. 46 Gesang Weylas
  • 08. Mrike-Lieder, Book 2: No. 15 Auf einer Wanderung
  • 09. Gedichte aus "Letzte Bltter", Op. 10: III. Die Nacht
  • 10. Gedichte aus "Letzte Bltter", Op. 10: VIII. Allerseelen
  • 11. Rckert Lieder: IV. Ich bin der Welt abhanden gekommen
  • 12. Des Knaben Wunderhorn: VI. Des Antonius von Padua Fischpredigt
  • 13. Des Knaben Wunderhorn: VII. Rheinlegendchen
  • 14. Mrike-Lieder, Book 2: No. 19 Um Mitternacht
  • 15. Im Frhling, D. 882
  • 16. Dithyrambe, D. 801

ディスク   2

  • 01. Lieder und Gesnge aus der Jugendzeit, Book 2: VII. Ich ging mit Lust durch einen grnen Wald
  • 02. Lieder und Gesnge aus der Jugendzeit, Book 1: III. Hans und Grethe
  • 03. Lieder und Gesnge aus der Jugendzeit, Book 1: I. Frhlingsmorgen
  • 04. Des Knaben Wunderhorn: IX. Wo die schnen Trompeten blasen
  • 05. Des Knaben Wunderhorn: I. Der Schildwache Nachtlied
  • 06. Lieder und Gesnge aus der Jugendzeit, Book 2: VI. Um schlimme Kinder artig zu machen
  • 07. Rckert Lieder: I. Ich atmet' einen linden Duft
  • 08. Rckert Lieder: II. Liebst du um Schnheit
  • 09. Rckert Lieder: V. Um Mitternacht
  • 10. Des Knaben Wunderhorn: V. Das irdische Leben
  • 11. Des Knaben Wunderhorn: IV. Wer hat dies Liedlein erdacht?
  • 12. Des Knaben Wunderhorn: X. Lob des hohen Verstandes

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ついに出た!という感じでしょうか。まさに...

投稿日:2018/06/02 (土)

ついに出た!という感じでしょうか。まさに宝物のようなセットです。ルートヴィヒがEMIに入れたすべての歌曲を網羅しているばかりか、バーンスタインがピアノ伴奏を務めたブラームス歌曲集まで加えてあるのです。ルートヴィヒの歌唱は、まったくムラがなく、どの一曲をとっても彼女の美しい声と深々とした彫りの深い表現を味わうことができます。どの一枚も全曲盤からの抜粋などではなく、彼女のために企画された正規のものばかり。加えてこれまで発売されたことのない未発表の録音までフィルアップしているという心憎さ。かつての夫君、ワルター・ベリーと入れたこんな録音があることを初めて知りました。アルト・ラプソディやマーラー歌曲集、シューベルト歌曲集もDGにより円熟した録音があるとはいうものの、このセットにおける録音もけっして不満を持つ余地のない、若き日の青春譜ともいうべきすぐれたものばかり。ジャケットもすべてオリジナルデザインで統一されているのも魅力。ワーナーさん、EMIでは企画されなかったすぐれた企画がリーズナブルな価格で出されることに、感謝感謝。このセットを購入してからというもの、一枚一枚を楽しみながら、なめるように賞味つくしています。嗚呼。

カラスの息子 さん | 島根県 | 不明

2
★
★
★
★
★
EMI時代には選曲が少しだけ違うルートヴィ...

投稿日:2018/04/11 (水)

EMI時代には選曲が少しだけ違うルートヴィヒの4枚組の歌曲集が二度出されていて、彼女の大ファンとしてそれらは持っている。今回のは歌曲をより完全に集めていてオリジナルジャケットでもあるので喜んで買った。CBS録音のバーンスタインとのブラームスが含まれていたのは予想外であった。DGのEditionと一部曲の重複があるが、企画の一貫性とより若いときの美声が聞けるので私にはこちらが遥かに好ましい。さらに原語だけでいいから歌詞が入っていれば、というのは今の時代にはないものねだり?

りひゃると さん | 茨城県 | 不明

0

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品