SHM-CD

アリア・カンティレーナ〜オペラ・アリア集 エリーナ・ガランチャ、ファビオ・ルイージ&シュターツカペレ・ドレスデン

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG52044
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

@チャピー:サルスエラ《セベデオの娘たち》から『とらわれ人の歌』
Aマスネ:歌劇《ウェルテル》から『手紙の場』 「ウェルテル…ウェルテル…だれに言い当てることができたでしょう」
Bオッフェンバック:歌劇《ホフマン物語》から ロマンス「見たまえ、わななく弓の下で―それが愛かい、愛の勝利かい!」
Cロッシーニ:歌劇《シンデレラ(チェネレントラ)》から「私は苦しみと涙のために生まれ」
Dヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ 第5番から アリア
Eオッフェンバック:喜歌劇《ジェロルスタイン女大公殿下》から「担え銃!」―「皆さんは危険がお好きで―ああ、私、軍人さんが好きなのよ」
Fロッシーニ:歌劇《アルジェのイタリア女》から「愛する彼のために」
Gモンサルバーチェ:カタロニア民謡によるマドリガル『鳥の歌』
Hシュトラウス:楽劇《ばらの騎士》から「マリー・テレーズ!」―「私が誓ったことは」
Iシュトラウス:楽劇《ばらの騎士》から「夢なのでしょう」

エリーナ・ガランチャ(メゾ・ソプラノ)
ドレスデン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
指揮:ファビオ・ルイジ
録音:2006年7月、ドレスデン 〈デジタル録音〉


解説(内容)
【ドイツ・グラモフォン定盤 premium】【SHM-CD仕様】【グリーン・カラー・レーベルコート】【ルビジウム・クロック・カッティング】
世界中で活躍するラトヴィア出身の人気のメゾ・ソプラノ、ガランチャのドイツ・グラモフォンへのソロ・デビュー盤です。メッゾ・ソプラノのレパートリーの要に加え、ソプラノ・レパートリーも収録し、非凡な才能の魅力をあますところなく伝えるアルバムに仕上がっています。柔軟でやさしいコロラトゥーラ、迫真のドラマを現出させる声の豊かさと存在感、なめらかで完璧にコントロールされたレガート、ひとたび彼女の声を聴けばたちまちその虜になってしまうでしょう。

内容詳細

世界中から引っ張りだこの存在となったラトヴィア出身のメゾ、ガランチャのドイツ・グラモフォンからのソロ・デビュー盤。サルスエラからロッシーニやオッフェンバックの喜歌劇、R.シュトラウスまで驚異的な幅の広さが人気の的だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ロッシーニからシュトラウス、更にはヴィラ...

投稿日:2017/07/17 (月)

ロッシーニからシュトラウス、更にはヴィラ=ロボスやカザルスでおなじみの「鳥の歌」まで色々なレパートリーが並んだ(ワグナーやヴェルディはないが)、知的なガランチャならではの、素敵なアルバム。飛び抜けた美声ではないが、スマートな歌いぶりでどれにも違和感がない。グローバル時代の歌手なんだなぁ。メトの「カルメン」でファンになったが、これはそれとは別の彼女の顔を見ることが出来る。私的には一番気に入ったのはヴィラ=ロボスですねぇ。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
何といってもチェネレントラが秀逸。ヴァレ...

投稿日:2009/05/20 (水)

何といってもチェネレントラが秀逸。ヴァレンティーニ-テッラーニを思わせる美声。H音の入らないアジリタが私は好みです。

masumasu さん | 東京都 | 不明

2

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品